Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

第19回 エンリッチド・エア・ナイトロックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎からわかる!ダイビングスタート&スキルアップ術

初めてのダイビング、久しぶりのダイビングは「どうしたらいいの?」と戸惑いの連続。
今さら聞けない基本スキルから絶対にマスターしたい必須スキルまでここでおさらいしちゃいましょう!

ノンダイバーの方はこちら

ダイビングスタート&スキルアップ術 一覧

番外 動画で見る!ドライスーツの着方

番外 基本スキルをおさらい!

第1回 ダイビング器材セッティング方法

第2回 BC&タンクのラクな背負い方

第3回 フィンワーク

第4回 ダイブコンピュータ

第5回 潜降の方法

第6回 マスククリア

第7回 中性浮力

第8回 セーフティフロートを上げる

第9回 耳ぬき

第10回 適正ウエイト

第11回 とっさのときのBC操作

第12回 ダイビング中の呼吸

第13回 安全停止攻略法

第14回 安全な浮上方法

第15回 ビーチエントリー

第16回 ボートエントリー

第17回 ボート上のマナー

第18回 できる耳ぬき

第19回 エンリッチド・エア・ナイトロックス

第20回 魚や生物のウオッチング術 Part 1 マンタ編

第21回 魚や生物のウオッチング術 Part 2 回遊魚の群れ編

第22回 ナビゲーション Part 1

第23回 ナビゲーション Part 2

第24回 ナビゲーション Part 3

第25回 オクトパスブリージング

第26回 空気消費量の算出法

第27回 Cカード講習って何?

第28回 スノーケリングのお作法

第29回 マスク&フィンのカンタン脱着術

第30回 ひと目でわかるダイブコンピュータ

第31回 煙幕ダイバーから卒業

第32回 噛む危険生物

次回更新予定日 2016年10月12日

第19回 エンリッチド・エア・ナイトロックス

 最近、多くの人が利用するようになってきた「エンリッチド・エア・ナイトロックス」。
 それ何? 知らない! まだ始めてない!!
 ……という方に、エンリッチド・エア・ナイトロックスがいかにダイビングとあなたの体に有効かをお伝えしよう。

エンリッチド・エア・ナイトロックスとは?

 ダイビングでは圧縮された空気を吸うことになる。
 人は普段、陸上のおよそ1気圧のところで空気を吸っているのだが、水中はご存じのように水圧がかかり、潜水深度が深ければ深いほど、空気中にある窒素が体に溶け込みやすくなる。
 この溶け込んだ窒素はある程度の量であれば、深度を浅くしていくにつれ、そして浮上後も時間が経つにつれ排出されるので問題はないのだが、体内に溶け込む窒素が飽和状態に達すると「減圧症」にかかるリスクが高まってくる。
 この減圧症にかかるリスクをなんとか小さくしようと考案されたのが、「通常の空気より酸素濃度を高めたガス」を使用することだった。
 通常の空気は酸素21%、窒素78%、その他のヘリウム、アルゴンなどの気体が1%の割合で組成されている。ここに酸素を足したり、窒素を引いたりすることで、酸素分圧が高まる。こうして作られたガスがEnriched Air Nitrox(略称EANx)なのだ。
 ちなみに初期はNitrox(ナイトロックス)と呼んでいたが、ナイトロックスというのはNitrogen(窒素)とOxygen(酸素)から作られた造語で、“酸素濃度を高めている”ということが言い表されていないということもあって、日本では最近になって「エンリッチド・エア」という言葉のほうが採用されている。
 EANxは計算上、通常のレジャーダイバーが潜る深度で使えるように(酸素中毒にならない程度に)酸素濃度を抑えており、最も一般的なのは酸素濃度32%のもの。このほか30、34、36%といったものを使用する場合もある。
 酸素濃度が高くなればなるほど、深場で酸素中毒にかかるリスクが増える。つまり、酸素濃度が高ければたかいほど、ダイバーが潜れる最大深度が浅くなる傾向がある。32%であれば、最大水深30m+が可能なので、通常のレジャーダイビングには適しているというわけだ。

エンリッチド・エア・ナイトロックスで安全ダイビングを目指そう!

エンリッチド・エア・ナイトロックスを使うメリット

体内残留窒素の減少

 酸素分圧が増え、窒素分圧が減ることで、体内に吸収される窒素は、通常の空気を呼吸するよりも減少する。つまりダイビング後の体内残留窒素の量は、空気を利用したときよりもぐっと減少するということになる。

減圧症発症のリスク軽減

 体内残留窒素が減るということは、ダイバーにとっての永遠の敵であった減圧症が発症しにくくなるということ。空気をいじったガスを呼吸することに抵抗があるかもしれないが、EANxは空気の組成が変わっただけ。むしろ安全といえる。

ダイビング後の疲労感がなくなる(気がする)

 体内残留窒素が少なくなることによって、ダイビング後、よく感じていた疲労感がなくなったと感じるダイバーが非常に多い。顕著なのは、ダイビング後、眠気を催すため車の運転がつらかったのに、EANxを使用したことによって、ダイビング後の運転が楽になったという感想。
 酸素分圧の高いガスを吸ったことで体が活性化しているのかもしれない。

窒素酔いしにくく、頭がすっきり

 水深30mを超えると窒素酔いのリスクが高まるといわれる。EANxを使用する際は酸素中毒の恐れがあるので、濃度にもよるけれど水深30mを超えるのはNG。だから窒素酔いにもなりにくくなるというわけだ。ただし、酸素中毒もそうだが、窒素酔いも水深30mに達していない場合でも症状が出る人もいる。個人差があるので気をつきょう。

無減圧潜水時間が延びる

 窒素分圧が少なくなるため、当然空気で潜るよりも無減圧潜水時間(減圧不要限界)は延びる。
 だからといってギリギリまで長く潜ったらやはり減圧症のリスクは大きくなってくるので、空気を使用しているつもりでEANxを利用し、安全率を高めることをダイビング指導団体、ダイビングインストラクターたちは推奨している。

世界各地のダイビングシーンで
エンリッチド・エア・ナイトロックスが活躍中

 減圧症の予防だけでなく、さまざまなメリットがあるエンリッチド・エア・ナイトロックス(EANx)。
 日本でもどんどん広まりつつあるが、海外でも同様。
 特に一日に3本も4本も潜れるダイブクルーズ船で導入しているところが多く、1クルーズ$100といった感じでEANxを使えるようにしている船も多い(EANxを無料にしている船もあったが、最近は有料の船が増えているような気がする)。
 また、ダイビングスポットによっては平均水深が20m前後とやや深い所がある。体内にたまる窒素も多い。そんなスポットを潜るときに、EANxを使用することを勧めているというケースもある。

 ダイビングをするたびにEANxを使うことはもちろんオススメだが、毎日最後の1本にEANx、ダイビングの最終日にEANxなどと、使い分ける方法もある。

EANxを利用するには講習を!

 さて、ではEANxはどうすれば利用できるのか?
 タンクを借りられるのは、EANxの講習を受けたダイバーのみ。つまりエンリッチド・エア・ナイトロックスの講習(スペシャルティ)を受けなくてはならないのだ。
 基本的には学科講習でいいので、都市型のダイビングショップでも受けられる。ダイビングリゾートにあるダイビングサービスで受ける場合は学科講習とオプションで海洋実習が必要な場合も。
 ここで紹介しているEANxについてもっと詳しく学べるはず。
 ぜひ皆さまもエンリッチド・エア・ナイトロックスダイバーになって、減圧症のリスクを減らした、安全ダイビングを目指そう。

毎回、酸素濃度を自分の目で確認することが必要

『DIVINGスタート&スキルアップBOOK』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarineDiving

2015年3月号

2015年3月号

2014年11月号

2014年11月号

2014年9月号

2014年09月号

2014年1月号

2014年01月号

2013年11月号

2013年11月号

2013年10月号

2013年10月号

2013年9月号

2013年9月号

2013年8月号

2013年8月号

2013年7月号

2013年7月号

2013年6月号

2013年6月号

2013年4月号

2013年4月号

2013年1月号

2013年1月号

2012年12月号

2012年12月号

2012年10月号

2012年10月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビングクラブ
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント