Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

第11回 とっさのときのBC操作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎からわかる!ダイビングスタート&スキルアップ術

初めてのダイビング、久しぶりのダイビングは「どうしたらいいの?」と戸惑いの連続。
今さら聞けない基本スキルから絶対にマスターしたい必須スキルまでここでおさらいしちゃいましょう!

ダイビングスタート&スキルアップ術 一覧

番外 動画で見る!ドライスーツの着方

番外 基本スキルをおさらい!

第1回 ダイビング器材セッティング方法

第2回 BC&タンクのラクな背負い方

第3回 フィンワーク

第4回 ダイブコンピュータ

第5回 潜降の方法

第6回 マスククリア

第7回 中性浮力

第8回 セーフティフロートを上げる

第9回 耳ぬき

第10回 適正ウエイト

第11回 とっさのときのBC操作

第12回 ダイビング中の呼吸

第13回 安全停止攻略法

第14回 安全な浮上方法

第15回 ビーチエントリー

第16回 ボートエントリー

第17回 ボート上のマナー

第18回 できる耳ぬき

第19回 エンリッチド・エア・ナイトロックス

第20回 魚や生物のウオッチング術 Part 1 マンタ編

第21回 魚や生物のウオッチング術 Part 2 回遊魚の群れ編

第22回 ナビゲーション Part 1

第23回 ナビゲーション Part 2

第24回 ナビゲーション Part 3

第25回 オクトパスブリージング

第26回 空気消費量の算出法

第27回 Cカード講習って何?

第28回 スノーケリングのお作法

第29回 マスク&フィンのカンタン脱着術

第30回 ひと目でわかるダイブコンピュータ

第31回 煙幕ダイバーから卒業

第32回 噛む危険生物

次回更新予定日 2016年10月12日

第11回 とっさのときのBC操作

中性浮力に苦手意識をもっているダイバーが多いようだ。
ということで、前回に引き続き、水中でのバランスをとるために大切なことを学ぶ。
今回はとっさのときのBC操作。
「自分はできている」と確信している方も多いかもしれないが、もう一度、おさらいをしてみよう。

とっさのときのBC操作

そもそもBCとは

そもそもBCとは

 なぜABでもABCでもなく「BC」なのか?
 私たちダイバーの必需品となっているダイビング器材、「BC」の呼称がなぜ「ビーシー」なのか、ちゃんと答えられるだろうか?

 BCというのは、英語のBuoyancy Compensatorの略で、日本語にすると「浮力調整装置」。BCDというのはBとCは同じで「D」はDevices(装置)の頭文字。『マリンダイビング』ではCとDの意味が重複することから「D」を省くようにしたのだが、メーカーやダイビング指導団体では「BCD」と呼んでいるところも少なくない。

 それはさておき、1970年代に前掛けのようなBCが誕生してから、現在に至るまで様々な進化を遂げてきたBC。人間の身体は浮く。けれども、ウエイトが重すぎたり、水深が深くなるにつれ浮力は減り、沈みがちになったりもする。そうしたときに肺呼吸だけでは補えない空気をBCに入れることで浮力を補うのだ。逆に水中で浮き気味のときに肺から空気を排出するだけでなく、BC内の空気を抜くことで浮上をとどめる。

 日本語のとおり、BCは浮力を調整する装置。中性浮力をマスターするには必須のアイテムなのだ。

『DIVINGスタート&スキルアップBOOK』

潜降の失敗もBCの扱い方が原因かも

ベルトアジャスタータイプのBCのブラダー(空気嚢)。Aqualung製

 まずダイビングの初心者が直面するトラブルが「潜降」なのではないだろうか。
 潜降するときは、BCの空気を抜いて、息を吐くと体が沈んでいく・・・はずなのだが、なかなか沈めないことがある。沈めないのは2つの原因が考えられる。
1) BCの空気を抜ききっていない
2) 息を吐いていても肺に空気がたまってしまっている

 2の呼吸については次回に紹介するとして、原因1はBCの排気方法が甘いことにほかならない。

 BCにはジャケットタイプ、ベルトアジャスタータイプ、バックフロートタイプと大きく分けて3つのタイプがある。
 エントリーする前には浮力を確保するためにある程度空気を入れておくものだが、BCのブラダー(空気を入れるための浮き袋)内に平均して空気が分散しているわけではない。基本的に空気は軽いのでブラダー内にパンパンに空気を入れない限りは上部にたまる性質がある。また、着たときに何らかの障害物があって(ウエイトなど)ブラダーに折り目が付いていると、その折り目から上に空気はいかず、下のほうにたまっている場合もある。
 だから、インフレーターホースを使って一生懸命排気をしていても、ヘンな箇所に残った空気が抜け切れない。

 BCによっては空気が抜け切れない場合に対処するためにも、「ダンプバルブ」と呼ばれる排気バルブが肩(たいてい右側)や腰(たいてい右の腰の後ろ)に付いていて、ダンプバルブのヒモを引っ張ると排気できるようになっている。「沈まない!」というときはこれを引っ張ると、すっと排気され、沈む。
 ただダンプバルブは急激に排気されるので、沈み過ぎて耳ぬきが追いつかないという場合もあるから気をつけたい。
(インフレーターでの排気よりも先にダンプバルブで排気をして、なんとなく浮き気味だなと思ったら、インフレーターホースに空気がたまっていた・・・なんてこともベテランにはよくある話ではあるが)。

 BCのタイプによって、ブラダー内への空気の入り方が異なるので、自分のBCのブラダーがどうなっているか、インフレーターでの排気はどうするのが一番効果的か、ダンプバルブとプルボタンはどこにあるのか、を確認していざというときにすぐに使えるようにしておこう。

これは腰にあるダンプバルブ。SAS製

腰にあるダンプバルブを実際に水中で使うと、こんな感じになる。TUSA製

肩口にあるダンプバルブはプルボタンのヒモが長めで、右胸元で引っ張れる。SCUBAPRO製

『DIVINGスタート&スキルアップBOOK』

あ~浮く~! そんなときは緊急排気

緊急排気

インフレーターホースの排気ボタンを押しながら排気。上に持ち上げながら行なうように教えられるが、最近のBCは排気ボタンを押しながら引っ張ることで排気されるものも多い。Bism製

 ダイビング中は一定の水深を泳いでいるわけではないので、気づかないうちに水深が上がって、水圧が減少し、BC内の空気が膨張して浮きやすくなってしまうこともよくある話。

「浮き気味だな」という程度であれば、インフレーターホースに付いている排気ボタンを使って少しずつ排気するのがオススメ。ダンプバルブを使ってしまうと、排気し過ぎてしまうからだ。

緊急排気

このように排気ボタンを押しながらインフレーターホースを引っ張ると、排気できるBCが多くなっている。Aqualung製

 でも、急に水深を浅くしたために、またはアップカレントにはまって、「あ~~~浮く~~!!」といった緊急事態になった場合は、ダンプバルブで緊急排気すること。肩、腰、どちらでもいいので右手でプルボタンを引っ張ろう。また、インフレーターホース内に空気がたまっていることもあるので、同時に左手でインフレーターからの排気もするといいかもしれない。

 ちなみに、ドライスーツで潜っているときによくあるトラブルで、真っ逆さまに浮いてしまう"吹き上げ"現象が挙げられるが、この場合は、BCもそうだけれど、足にたまった空気を排気する手段が必要。
 逆立ち状態から、腰を直角に折ってみるとぐるんと頭が上に来る。それと同時に足にたまった空気も上のほうに移動するので強制排気にして、排気を試みてほしい。なかなかうまくいかないかもしれないが、バタバタと足を動かしてジタバタするよりは効果的だ。

『DIVINGスタート&スキルアップBOOK』

BCに給気するときは 少しずつ

BCに給気するときは 少しずつ

インフレーターホースの先に付いている"インフレーター"。給気ボタン、排気ボタンがあるので、とっさのときに間違えないようにしっかりと使いこなせるようにしておこう。Mare製

 ダイビング中に体が沈みがちなときもある。
 ウエイトが重すぎたり、深場を潜ったり、ダウンカレントにはまったりするときにそういう状態になるのだが、BCに給気するときは少しずつボタンを押すのが基本(ドライスーツの場合も同様)。というのは、実際にBCのブラダーに空気が行き渡るには押してから数秒間かかるため、ボタンを押した時からちょうどいいバランスを感じる時までにはちょっとしたタイムラップがあるからだ。なかなか浮かないからと、給気ボタン(排気ボタンと違って給気ボタンは1つしかない)を押し続けると、気づいた時にはピューッと急浮上、なんてことにもなりかねない。

『DIVINGスタート&スキルアップBOOK』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

DIVINGスタート&スキルアップBOOK 2015

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

DIVINGスタート&スキルアップBOOK

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

関連するMarineDiving

2015年3月号

2015年3月号

2014年11月号

2014年11月号

2014年9月号

2014年09月号

2014年1月号

2014年01月号

2013年11月号

2013年11月号

2013年10月号

2013年10月号

2013年9月号

2013年9月号

2013年8月号

2013年8月号

2013年7月号

2013年7月号

2013年6月号

2013年6月号

2013年4月号

2013年4月号

2013年1月号

2013年1月号

2012年12月号

2012年12月号

2012年10月号

2012年10月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

サイト内検索Search

リンクLinks

  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • マリンダイビングクラブ
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント