Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

名ガイドが惚れる名ガイドたち
海のガイド名鑑

名ガイドが惚れる名ガイドたち 海のガイド名鑑

海のおもしろさはガイドで決まるとよくいわれる。
では、現在活躍しているガイドさんたちがお勧めするガイドさんはどんなに素晴らしいのだろうか?
ということで、先月ご登場いただいたガイドさんたちがオススメするのはこの方々だ!

※記事中では基本的に敬称を省略しています。ご了承ください。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!

2016年12月分 海のガイド名鑑

本文中の番号は以下の質問の回答です。

  • 所属ダイビングサービス
  • 生年月日
  • 出身地
  • ガイド歴
  • 所属サービスでのガイド歴
  • ニックネーム
  • ダイビングガイドになった理由
  • 得意とするダイビングスタイル
  • これまで最高だったダイビングの瞬間
  • こんなことがあったからガイドが続けられたというエピソード
  • 最近海でハマッていること
  • 次回の推薦するガイドさん

※記事中は名前の敬称を省略しています。ご了承ください。

■構成/本誌・後藤
※紹介はお名前50音順

海の中のワクワク感はいつまでも消えない

猪羽 隆一Ryuichi Inoha

[紹介した人/諏訪 誉(ダイブスピーシーズ)]

  • ダイビングサービス 宮古島潜水(宮古島)
  • 1976年6月27日
  • 神奈川県横浜市
  • 13年
  • 2009年に立ち上げ7年
  • 特になし
  • 水中ですごく楽しそうにガイドをしてくれた、ワタクシの師匠を見て。
  • 最高な透明度の時に豪快なドロップオフのポイントで中層を泳いだり、潮を見て大物を狙ってみたりすることです。またビギナーの方には、水中でもダイビングが上達するためのアドバイスなどをしながら潜ってます。
  • 終わりが見えない、ものすごい数のカスミアジの行列に遭遇した瞬間。浅いタナ上で安全停止中、突然クジラが現れた瞬間
  • 一度遊びに来てくれたゲストの方が、また遊びに来てくれたこと。これに尽きます。
  • 海では、ダイナミックなポイントで大物狙いのダイビング。大物が何も出ないことも多いけど、何か出そうなワクワク感がたまらない! 陸では、電動歯ブラシで歯を磨いた時の爽快感。かなり隅々まで磨けてる。
  • 久米浩二(イーフスポーツクラブ/久米島)

青海島で浮遊系、マクロ、ワイド、なんでもおまかせ!

佐々木 健作Kensaku Sasaki

[紹介した人/松田康司(ダイビングショップSB)]

  • キューブリック(青海島)
  • 1974年4月8日
  • 山口県下関市
  • 15年
  • 2012年から4年
  • さっくん
  • お客さまと海の神秘を共感したかったから。
  • 基本はお客さまの好みに合わせてガイドスタイルを変更しているのでマクロ、ワイド、浮遊系となんでもやってます! 強いて言うならマクロ生物でしょうか!? 青海島は基本マクロ系ですので。
  • ヤマドリのバトルをお客さまと見れて大感動したこと。
  • 追いかけていた生物の生態をお客さまと共感できたとき。
  • 今も変わらず、やっぱり生物の生態。
  • 幸地 望(喜屋武岬ダイビングサービスかりゆし)

モルディブで一世風靡をしたガイドさん♪
恩納村でもていねいに見せまくってます

世古 徹Toru Seko

[紹介した人/今川 郁(OCEAN BLUE)]

  • スピッツダイブセンター(沖縄本島 恩納村)
  • 1970年10月19日
  • 滋賀県
  • 26年
  • 1999年から17年
  • 特になし
  • 海のそばで暮らしたかったから。
  • ゆっくり潜って、その場にいる生き物を紹介したり、その場に隠れている生き物を探したりするダイビング。いろんな環境が好きで、サンゴ礁、内湾、ドロップオフ、泥地、藻場、河口域、川などすべての水場に生きる生き物を紹介したいガイドです。
  • モルディブのマンタポイント。マンタは一枚も出なかったのですが、水面から水底までグルクンで覆い尽くされていて、それらが水面から水底まで滝のようになだれ落ちてきたり、水底で川のように流れたり、1ダイブ45分の間、途切れることなく、グルクンと戯れられたダイビング。
  • 一度、休職し、沖縄を潜り歩いたことがあります。いろんなショップで潜ったのですが、自分ならこうガイドするな、とか、もっとこうすればいいんじゃないかな?と思うことが多々あって、まだまだガイドをやりたい自分に気づけたからこそ、沖縄で開業し、今まで続けてくることができました。
  • 年々、サンゴ礁だけではなく、いろんな環境に生きている生物に興味が出てきます。川をはじめ、河口、内湾、泥場、藻場、砂泥域などボートダイビングだけでは潜れない環境にも足を延ばし、そこにいる生物を見ることが楽しいです。
  • 川上昌伸(u dive沖縄/沖縄本島 恩納村)

葉山でもタイでも愛されキャラ。
今年から柏島で猛勉強中!

田中 翔Sho Tanaka

[紹介した人/石野昇太(レグルスダイビング)]

  • 柏島ダイビングサービス パラディ
  • 1989年3月12日
  • 愛媛県
  • 約5年
  • 約1年
  • 翔ちゃん
  • 初めてダイビングをした時、今までにない衝撃を受け、これを仕事にしたいと思ったからです。
  • 今は自分自身、写真を撮影することが大好きなので、フォト派の方のガイドです。懐の広いガイドを目指し、まだまだ修行中です。
  • 一番は決められませんが、いろいろな生物の生態シーンに立ち会えたことです。夜な夜な海に潜って、ダンゴウオの抱卵、ハナタツのハッチアウト、サンゴの産卵シーンなど自分なりの仮説を立てて潜り、的中した時は最高にうれしいです。
  • 海から上がってきたお客さまが、笑顔で「良い写真が撮れた!」とか「すごく楽しかったー!」などと言っていただけることが、自分自身のガイドとしての励みになっています。このガイドという仕事を、辞めたいと思ったことは一度もありません。
  • 今まで深場の生物の勉強ができていなかったので、ガイドのない日などは深場へ潜り、生物の勉強をしています。潜れば潜るほどいろいろなことが見えてきて終わりがないです。
  • 新井拓哉(はまゆうマリンサービス/大瀬崎)

この秋新艇も登場!
母でもガイド。ガッツあふれるモルディブ名物ガイド

前井 馨Kaori Maeda

[紹介した人/辻 東信(サワディダイブ)]

  • Maldivian Stars(モルディブ)
  • 1974年8月14日
  • 兵庫県
  • 17年
  • 2008年に立ち上げて8年
  • カオリータ
  • 生まれて初めてスノーケリングをしてみたら海の中(鳥取県の海)に感動してしまい、沖縄でOWを取得した際に「これを仕事にしたい!」と強く思いました。
  • ドリフトダイビング。潮のかかるダイビングです。
  • マンタが100枚以上群れている中にジンベエザメが刺さっていたり、タイガーシャーク6匹に1ダイブで遭遇したり、マカジキの群れを見たり、シロカジキに遭遇したり、イルカの大群に巻かれたり……。数え切れない……です。
  • (大物を)当てたときに、ゲストと抱き合いうれしさを共有している瞬間があるから続けられると思います。笑顔で「楽しかった~~!また来るから!」と言ってもらえると「この仕事しててよかったなぁ~~」としみじみ思います。
  • ずっと前からですが、毎週、毎日、毎ダイブ、あーだこーだとルートやコース立てを考えるのに未だ毎日夢中で楽しいです。いろんな方の希望や潮や風などの状況を考えてうまく作っていく快感は最高です。
  • 森 敬太(MOSS DIVERS/石垣島)

世界中の方に座間味の海も陸も案内したい

宮平 洋一Yoichi Miyahira

[紹介した人/国吉晴大(ダイビングサービス ウォーターキッズ)]

  • ダイブイン浜(ケラマ諸島座間味島)
  • 1985年3月1日
  • 座間味島
  • 4年目
  • 4年目
  • よ~ちゃん
  • 座間味の海と自然、島の文化や人が好き! 一度大阪で就職し、会社員として5年間働きましたが、やっぱり生まれ育った座間味島で、この座間味島の魅力をもっといろんな方に知ってもらいたくイントラとなって帰って来ました!
  • 海の生き物たちの行動や、その表情を観ているのが好きです! 魚たちの求愛行動や、お食事シーン、カメの甲羅クリーニング、エビたちのエステ、ダイバーを警戒している表情などなど。生き物たちを観て貰うだけでなく、その魚たちが人間と同じように生活している姿を見てほしいです!
  • ベタ凪の海。世界に誇る透明度。どこまでも青いケラマブルー。そんな海の中を中性浮力で浮いていると自分が空を飛んでいる様な感覚になることがあります。これがあるからダイビングは辞められませんね♪
  • そんなことを言えるほどガイド歴は長くないですが、お客様の笑顔や「楽しかった~!」と言ってもらえた瞬間が最高に嬉しいです! 座間味島には海だけでなく多くのお祭りや、様々な地域行事もあり、その独特の文化に触れてもらえる時もあります。そこで座間味島のことについて知って、楽しんでもらえるとさらにうれしいですね! もっと多くの方に座間味の魅力を伝えていきたいです。
  • 海ではブログに書くネタをいつもワクワクしながら探しています♪ 陸では趣味となった三線(サンシン)を弾くことを楽しんでいるので、運が良ければたどたどしい三線が聴けちゃうかもしれませんよ(笑)。
  • 大村真人(マリンサービスゲルマ/ケラマ諸島慶留間島)
Photo by Nobuo Kitagawa

さっぱりした、カッコイイお姉さん。
キメも細かくて女でも惚れそう

餅井 裕美子Yumiko Mochii

[紹介した人/横田 崇(ブルーリーフ)]

  • イーフスポーツクラブ(久米島)
  • 1977年4月7日
  • 石川県生まれ、熊本県育ち
  • 17年
  • 7年
  • もっちぃ
  • 海が大好きだからです。また、感動をお客さまと共有することができるダイビングのお仕事は、とても素敵で魅力を感じたからです。
  • まったり、ゆっくり浮遊感を感じての、ストレスフリーなダイビング。
  • 初めて潜った体験ダイビングです。透明度は5㍍ 程だったかもしれませんが、呼吸の音、水中に差し込む光線、クマノミにとても感動しました。
  • 「楽しかったぁ~」「ありがとう」とエグジットされたときのお客さまの笑顔。さらに頑張ろうと、お客さまから逆にパワーいただきます。
  • マリンジェットの操船。はての浜周辺は、岩礁が多く航路が限られているため、難易度が高く、毎日違う海況の中操船する時の緊張感が最高です☆ 海の色も綺麗で、とても気持ちいいです。
  • 前田豊さん(エバーブルー屋久島)

普段スポットの当たらない生物も
じわじわとその魅力を伝えたい

谷島 実紀江Mikie Yajima

[紹介した人/益田真緒(フリー)]

  • NINJA DIVE(グアム)
  • 1976年1月29日
  • 栃木県
  • 9年
  • 2014年に立ち上げ2年
  • ミキ、ミキティ
  • ゲストに海の楽しさを自分らしく伝えたかったため。
  • ビギナーやブランクのある方、シニアダイバーにも安心して楽しんでいただけるスローダイビング、普段あまりスポットライトの当たらない生物にも着目していくジワジワくるダイビングがタイプです。
  • オフの日のダイビングで、風邪で耳ぬきが上手くいかず水深5~6㍍ラインを悶々と移動していると目の前に突然イルカの親子が飛び出してきたので、その感激のあまり水中で小躍りした記憶があります。同時に興奮で耳も勝手に抜けた(笑)ので、忘れられない最高の瞬間となりました。
  • たくさんのゲストや諸先輩方など人間関係に恵まれているからこそ未熟な自分が続けていられると思います。ゲストとの出会いもガイド業の楽しみの多くを占めています。それとダイビング後に「ミキさんでよかった」とおっしゃっていただけた時はジャンプするほどうれしくなります。これからもお役に立てるよう日々精進していきます。
  • 水陸問わず生物を観察するのが好きです。水中で見かける魚たちがスーパーの鮮魚コーナーに並べられていると見入って「水中で見るのと雰囲気が違うなぁ」と呟いたりしています。またオフの日も潜ったりスノーケルしたりと、海に癒やされつつ好奇心も満たしています。
  • 佐藤 寛和(SEA LION/フィリピン セブ)
Photo by Masaaki Harada

富戸に加え、今年から神子元島ガイドも
幅広く受け付けています!

渡辺 守Mamoru Watanabe

[紹介した人/須田純治(海遊社)]

  • ドルフィンウェーブ(富戸、神子元島)
  • 1965年11月10日
  • 福島県生まれ、横浜育ち
  • 29年
  • 1993年に立ち上げ23年
  • ナベさん
  • 富戸の海、神子元島の海を極めマクロからワイドまで、プロのガイドとして、偉大な海の素晴らしさ、生物や自然の素晴らしさをダイバーの皆さまに知っていただきたかったためです。
  • ガイドの意識によって、辛い海を体験させられることは非常に嘆かわしいことです。ドリフトダイビングで、サメや回遊魚など潮流を好む生物との遭遇のため、潮流の速さ、潮流の方向を判断し、水中でダウンカレント・アップカレントなど危険な場所を避け、どのようなハードな海でも、いかに楽に、そして安全にドリフトダイビングを楽しめるかを意識しドリフトのコースを選択するスタイルです。
  • 神子元島でのハンマーの何百という群れやメジロザメの群れ、ワラサや回遊魚の群れなどに遭遇し、自然の偉大さを実感した瞬間です。
  • 海の中には定説はない。と実感した瞬間。それは本来、伊豆半島では見ることのできない生物(季節来遊魚)や、神子元島でイルカの群れ、サメの群れ、鯨、カジキなどが目の前に現れた時です。一方、水中で太いロープが体に巻き付き、体(肉)にめり込んでいるメジロザメが泳いでいる姿を目の当たりにし、「人間の生活に必要な道具でも、海に放置されることによって生物の命に関わる凶器になり得る」という事実を体験したことにより、毎日海に潜り続けているガイドダイバーだからこそ気づけた「自然環境の変化や悪化を伝えていくことができる立場にある」という重要さに気づかされた結果です。
  • ドリフトダイブ中にメジロザメやハンマーヘッドに近づく時に、いかに警戒心を持たれないように距離を縮めていくか、水深やフィンワークをサメの動きを見ながら考えアプローチしている時です。
  • 横田雅臣(GO TO THE SEA/伊豆海洋公園)

本誌公式サイト「マリンダイビングWeb」で前号で紹介したガイドさんやこの連載のバックナンバーが見られます。
ぜひご覧ください!

ガイドリレーの系統を紹介!

◎大島佐喜子さん(ダイビングチームうなりざき/西表島)から(以下、敬称略)
■秋野大(デイドリームパラオ)→八木かつのり(川奈日和/川奈)→國廣哲司(宮古島ダイビングサービスアクアストーリー)→上田直史(DIVE KOOZA/古座)→佐藤輝(ダイビングショップNANA/葉山)→高橋正祥(ハイブリッジ/女川)→辻東信(サワディダイブ/沖縄本島 那覇)→前井馨(Maldivian Stars/モルディブ)
■浦崎直美(与那国ダイビングサービス/与那国島)→後藤晴美(マリンロード/伊東)→加藤洋平(OMZ/パラオ ペリリュー島)→奥村友樹(DRISTA/沖縄本島)→塩入淳生(カラーコードダイビングサービス/久米島)→馬込郁也(ミスターサカナダイビングサービス/西表島)→松田康司(ダイビングショップSB/鹿児島県 錦江湾ほか)→佐々木健作(キューブリック/青海島)
■黒川真帆(ダイビングセンターMOSS DIVERS/石垣島)→片岡祥子(デイドリームパラオ)→白石拓己(アクエリアスダイバーズ/フィリピン セブ)→高瀬歩(さかなや潜水サービス/伊豆海洋公園)→鈴木美智代(DAN’S DIVE SHOP/富戸)→柳田満彦(NASO/伊豆海洋公園)→益田真緒(沖縄本島)→谷島実紀江(NINJA DIVE/グアム)
■高見沢昇治(edive/タイ カオラック)→中山大介(OCEAN LIFE BALI/インドネシア バリ)→西森猛志(D.O.〔ディーオー〕/タイ プーケット)→木部悟(Clover Diving Service/富戸)→吉田健太朗(ダイブエスティバン/久米島)→出竈祐亮(井田ダイビングセンター)→石野昇太(レグルスダイビング/八丈島)→田中翔(柏島ダイビングサービス パラディ/柏島)
■鳥塚明(JUNGLE DIVE/渡嘉敷島)→知久博志(SEA STEP DIVERS/座間味島)→谷口将門(マリンサービスMIYAKO/宮古島)→稲津英治(宮古島ダイビングショップカピリナ)/町田宗良(久米島潜水)→當間祐介(サザンアイランダー/沖縄本島)→国吉晴大(ダイビングサービス ウォーターキッズ/慶良間諸島渡嘉敷島)→宮平洋一(ダイブイン浜/座間味島)
◎高畠忠行さん(TAKAダイビングサービス/宮古島)から(以下、敬称略)
■鎌田陽介(アクアスター宮古島)→寺本晃洋(ダイビングサービス サニーサニー/石垣島)→菊田徹(ダイビングアドバイザー オイコス/座間味島)→井口優(ブルーマーリン/パラオ)→武富彰(アルファダイブ沖縄/沖縄本島)→川田薫(ダイビングショップあーびゃん/与那国島)→須田純治(海遊社 290/神子元島)→渡辺守(ドルフィンウェーブ/富戸、神子元島)
■鈴木順(宮古島シュノーケリング教室)→冨谷剛(伊良部島マリンズプロ宮古/伊良部島)→津波古健(潜水案内~Okinawa~)→出口超(若狭ダイビングサービス/冠島)→粕谷浩之(伊豆大島オレンジフィッシュ)→藤田勝弘(オーシャンビーチちゃたん/沖縄本島)→今川郁(オーシャンビーチちゃたん)→世古徹(スピッツダイブセンター/沖縄本島恩納村)
■徳岡大之(ウォーターマン/西表島)→井腰幸夫(GOODDIVE/西表島)→土屋友香理(ゆかりダイビング/西表島)→鴨谷昌人(ダイブゴビーズ/阿嘉島)→林豊(ジーフリー/西表島)→水野崇司(ブルーフィールド/沖縄本島)→横田崇(ブルーリーフ/沖縄本島 恩納村)→餅井裕美子(イーフスポーツクラブ/久米島)
■冨樫研一(センスオブワンダー/石垣島)→竹内真一(TAKEダイビングスクール/石垣島)→中村航(イーフスポーツクラブ/久米島)→池田省吾(アイランドエキスパート宮古島)→松浦正典(エミナマリン/宮古島)→古田直基(ダイビングショップネバーランド/奄美大島)→諏訪誉(ダイブスピーシーズ奄美)→猪羽隆一(ダイビングサービス 宮古島潜水/宮古島)

海のガイド名鑑は『マリンダイビング』12月号にも掲載されています。
ぜひご覧ください!

マリンダイビング 12月号
苦手スキルをおさらいしよう!
世界が誇るダイブフィールドへ GBR
特別付録!2017マリンダイビングカレンダー
ご購入はこちら
マリンダイビング 12月号
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

楽園モルディブ2017

楽園モルディブ2017

DIVING スタート&スキルBOOK

DIVING スタート&スキルBOOK

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

パラオ (Marine Diving plus)

パラオ (Marine Diving plus)

DIVE IN ASIA ダイブインアジア2015

DIVE IN ASIA ダイブインアジア2015

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビングクラブ
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント