Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

名ガイドが惚れる名ガイドたち
海のガイド名鑑

名ガイドが惚れる名ガイドたち 海のガイド名鑑

ダイビングのおもしろさは、その海のポテンシャルももちろんあるのだけれど、ガイドさんの腕次第でおもしろくも、つまらなくもなる。
『マリンダイビング』の特集で紹介しているガイドさんたちも素晴らしいけれど、実際に取材班が体験するには、ガイドさんが多過ぎてすべての方と一緒に潜ってみるのは無理!
ということで、名ガイドと呼ばれるガイドさんが「このガイドさん、いいな」と思う方をリレー式で紹介していただくことにした。
どんな方々からバトンが渡されたかは、この連載の最後にまとめてあります。
併せてご覧ください!

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

2016年4月分 海のガイド名鑑

本文中の番号は以下の質問の回答です。

  • 所属ダイビングサービス
  • 生年月日
  • 出身地
  • 現在活躍している海でのガイド歴
  • 所属サービスでのガイド歴
  • ニックネーム
  • 得意とするダイビングスタイル
  • これまで最高だったダイビングの瞬間
  • こんなことがあったからガイドが続けられたというエピソード
  • 最近海でハマッていること
  • 次回の推薦するガイドさん

※記事中は名前の敬称を省略しています。ご了承ください。

■構成/本誌・後藤
※紹介はお名前50音順

西表島を取り巻く自然のすべてに魅せられて

井腰幸夫Yukio Ikoshi

[紹介した人/徳岡大之(ウォーターマン/西表島)]

  • GOODDIVE(西表島)
  • 1968年10月15日
  • 藤沢生まれ、横浜育ち
  • 24年
  • 18年
  • 特になし
  • ストレスを少なく、リラックスして水中を楽しむことと生物、生態観察ですかね。
  • ひと際水が澄んでいて、サンゴで覆い尽くされた根がいくつも重なり遠くまでくっきり。まったく未知の場所でひとりで潜っていたとき、うっすらと見える根に近づくとそこには魚がてんこ盛り! サンゴの産卵、それまで何でもなかった目の前のサンゴがいきなり卵を放出、すると右でも左でも産卵が始まり、水中はピンクの卵でいっぱいに。ちょっとした潮のタイミングで魚影の濃さが一段と濃く、どこ見ても魚、魚、魚。たくさんあって的を絞れませんでした。
  • その日のダイビングが終わって、いい海だったとか、おもしろかったとか、気持ちが良かったとゲストがニッコニコで海を通して笑顔になってくれること。
  • 興味あるのは、魚たちの繁殖行動です。年がら年中恋しているものもいるし、普段はまったくその気配を見せない魚がラブリーなシーンを観察することもあります。昼間に様子を見ておいて、潜る時間もサンセットとか早朝とかがいいですね。今年は盛りの季節に産卵を繰り返すトウアカクマノミとかじっくり見ておきたいです。もちろんサンゴ産卵もです。
  • 土屋友香里(ゆかりダイビング/西表島)

助けられたマンタに恩返し! パラオが好きでたまらない!!

片岡祥子Shoko Kataoka

[紹介した人/黒川真帆(ダイビングセンターMOSS DIVERS/石垣島)]

  • デイドリーム パラオ(パラオ)
  • 1967年3月19日
  • 神奈川県鎌倉市
  • 16年
  • 14年
  • 祥子(しょうこ)
  • パラオなので……大物狙いのドリフト。アドレナリンが出ます(笑)。もしくはほぼ動かないねちねちマクロ。どちらも大好きです。
  • 「ユーカク」で100枚以上のマンタの群れが現れたこと。50枚ぐらいまで数えましたが後はもう数えられない。後から、後から……総数100枚以上はいたんじゃないですかね~。辺りが暗くなり 別世界に入ってしまったような錯覚にとらわれたほど。圧巻でした。
  • ガイドしたての頃、困ったときに随分マンタに助けられました。そのパラオのマンタたちの成長をずっと見守りたくて、そのやさしいマンタたちを皆に紹介したくて、ガイドを続け、個体識別も続けています。初めてマンタを見て水中で涙を流したお客さまもいたり、前回と同じマンタに会いたい!と言ってくれるお客さまもいるので マンタはやはり特別な存在です。とにかくパラオの海、魚たちが大好き。ほかへ行くとパラオの魚たちが恋しくなりすぎるので、ほかへ潜りに行くのをやめたくらいです(笑)。
  • 特にはないですが、魚の生態、行動を見ているのが好きなので、水中での求愛、けんか、命がけの産卵、卵を命がけで守る親、弱肉強食の世界……。それらを間近で見られることにいつも感謝しています。
  • 白石拓己(アクエリアスダイバーズ/フィリピン セブ マクタン)

生まれ育った海を開拓し、ともに育ってきた

後藤晴美Harumi Goto

[紹介した人/浦崎直美(与那国ダイビングサービス/与那国島)]

  • マリンロード(伊東)
  • 1965年9月2日
  • 静岡県伊東市
  • 29年
  • 29年
  • mama
  • 伊東は魚影も年間通して濃いのですが、地形ダイナミック&ソフトコーラルで華やかです。そんな海を海中散歩的にご案内するのが好きです。
  • もちろんダイビング中の大物との出会いは楽しいですが、まったく自信をなくしていたゲストがにこにこ笑顔でラダーを上がってきた時。最高な時は何度もあります。
  • 家族の理解&協力があってこそ今があります。
  • 同じ場所で顔見知りの子たち(魚たち)に会うこと。
  • 加藤洋平(OMZダイビングサービス/パラオ ペリリュー)

ダメージを受けたサンゴ礁が見事に復活。
ガイドを続けてて良かった!

竹内真一Shinichi Takeuchi

[紹介した人/冨樫真一さん(センス オブ ワンター/石垣島)]

  • TAKEダイビングスクール(西表島)
  • 1959年12月3日
  • 神戸市生まれ、堺市育ち
  • 31年
  • 28年
  • タケさん
  • のんびり、じっくりと普通にいる生き物でも観察する。
  • ポイントはオガンの「西のスポット」。晴天で海が凪の時、透明度は40mオーバー。太陽の陽射しが射し込む光のカーテンに真っ白な砂紋が照らされてキラキラ光り、まるで揺らぎの世界にいるような感覚に、危うく海の中にいることを忘れて寝そうになったことを覚えています。
  • 20~30年前、サンゴの白化や大型台風の被害・オニヒトデの食害などで壊滅的にダメージを受けたポイントが、ここ数年見事に復活し素晴らしいサンゴ礁に戻ったのを見たとき。続けてて良かった。
  • なかなか肉眼では見えにくい小さな生物を超マクロレンズを使ってビデオで動きを観察するのが楽しくて、時間を忘れてしまいます。
  • 中村航(イーフスポーツクラブ/久米島)

座間味の海はなんでも得意。フォト派のリクエストも大歓迎

知久博志Hiroshi Chiku

[紹介した人/鳥塚明(JUNGLE DIVE/渡嘉敷島)]

  • 座間味島 SEA STEP DIVERS
  • 1961年3月1日
  • 埼玉県
  • 27年
  • 22年
  • 特になし
  • ワイドからマクロまで座間味の海なら得意ですが、最近はカメラ派のお客さまのリクエストにお応えしております。
  • 数え切れませんが、ちょっと珍しい光景……15年ほど前、「下曽根ポイント」にて8名ほどのお客さまとエントリー。すると北側から私の目の画角いっぱいにウメイロモドキの群れが迫ってきます。その数、ハンパではなかったです。とにかく広い海、一面に、ウメイロモドキ……。そこに、10kgクラスのカスミアジが捕食に突っ込んでいきます。少し群れは後退し、突っ込んだ部分のみ向こう側が丸く見えますが、またすぐにその穴はふさがります。そしてまた、ウメイロのカーテンは、私たちに迫ってきます。こんなシーンが繰り返されました。忘れられない最高な瞬間です。
  • 支えてくれたのは、お客さま。ダイビング後、ボートに上がると「お疲れさま!」と、素晴らしい笑顔を見せてくれます。その瞬間は、ガイドしてて良かった!と心から思います。また、サンゴの白化からオニヒトデやレイシガイと、サンゴが危機に陥ったとき、座間味ダイビング協会をはじめ、島中で頑張って保全をし、ラムサール条約、国立公園と、素晴らしいご褒美をいただきました。国立公園に認定された日が、3月5日、サンゴの日なんです。
  • ここ1年間は、肩のケガ、リハビリと、遠ざかってますが、一眼レフカメラによる2倍マクロ撮影ですね。とにかく、どアップ、どこまで近づいて撮れるか(笑)。結果、なんだかわからない写真もたくさんあります……(汗)。
  • 谷口将門(マリンサービスMIYAKO/宮古島)

魚影の超濃い海をさらにパワフルに魅せる

寺本晃洋Akihiro Teramoto

[紹介した人/鎌田陽介(アクアスター宮古島)]

  • Diving Service SUNNYSUNNY石垣島
  • 1979年11月16日
  • 石川県金沢市
  • 12年
  • 2年
  • あっき~
  • 不思議なミクロ生物ダイブ&マクロダイブ&ワイドダイブ。
  • 未だに出会ったことがない生物と出会った瞬間が最高です!
  • いつも毎日違う姿を見せてくれる海を知ってしまったら、終わりがありませんね(笑)。
  • 魚(海中生物)が今何を考えてるのか、寄り添って真似してみる……。
  • 菊田徹(ダイビングアドバイザー オイコス/座間味島)

宮古島の地形では写真の撮りやすい位置をガイド

冨谷 剛Go Tomitani

[紹介した人/鈴木順(宮古島シュノーケリング教室)]

  • 伊良部島マリンズプロ宮古
  • 1974年8月28日
  • 神奈川県川崎市
  • 17年
  • 16年
  • ごう
  • 基本的にオールマイティにこなしておりますが、中でも得意とするのはやはり地形ポイントの案内です。天気や海況を考慮して写真の撮りやすい位置取りなどに気を配っています。ロウニンアジやギンガメアジなどの大物も動きを予測してベストポイントにご案内しています。
  • 5月下旬に下地島のポイントにたくさんの光が射し込むポイントがあります。2年連続で狙いどおりに最高の光が見られたときに自分もゲストも大喜びしました。
  • 独立してからずっと通い続けてくれている常連のお客さまが何人もいらっしゃるので、ここまで続けて来られたと思います。
  • ナイトダイビングで小さなイカを探すこと。小さなスミを吐いて逃げる姿が可愛らしくて気に入っています。
  • 津波古 健(潜水案内~okinawa~/沖縄本島)

バリで15年。すべての環境を知る男

中山大介Daisuke Nakayama

[紹介した人/高見沢昇治(edive/タイ カオラック)]

  • Ocean Life BALI(バリ島)
  • 1980年7月31日
  • 東京都
  • 15年
  • 5年
  • だいちゃん
  • リクエストベースでお客さまが希望されるダイビングを少人数にてご案内しています。バリ島はポイント数も多く、あらゆる環境がそろっているので、ワイドからマクロまであらゆるニーズに対応いたします。
  • たくさんあり過ぎて困ってしまいますが、自分がイメージ(ブリーフィング)したとおりに海をご紹介でき(特に大物)、お客さまにも満足いただけた時はいつでも最高の瞬間です。
  • 前の質問の回答とかぶってしまいますが、お客様の「楽しかった!」「また来るね!」の一言。これに尽きると思います!
  • 昔から変わりませんが、海での被写体探し。近年は水中写真撮影もいろいろ出てきたので(メルヘン、FACE、パラサイト等)水中でおもしろそうだなと思うものは、覚えておくようにしています。
  • 西森猛志(D.O/タイ プーケット)

昨年、川奈でサンゴの産卵を当てた凄腕ガイド

八木かつのりKatsunori Yagi

紹介した人/秋野大(デイドリーム パラオ)

  • Diving Service川奈日和(川奈)
  • 1970年3月26日
  • 岐阜県郡上八幡
  • 17年
  • 15年
  • やぎぢる
  • のんびり、じっくりダイビング。その人に合わせたガイドを心がけています。なるべくじっくり潜れるように、泳ぐスピードや、泳ぐ水深を意識して、移動中になるべく、エアの消費を少なく、窒素が溜まりにくいコース取りを心がけています。
  • ナイトダイブで伊豆では記録の少ないサンゴの産卵に遭遇した時。
  • 濁りもあり海のコンディションが良くない中、経験の引き出しからいろいろ出しながら悪いなりに一生懸命ガイドしたんですが、エグジットした瞬間にゲストさんが「ナイス!ガイド!!」と、心から発したとも思える、声をかけてくださり、素直にうれしかったです。
  • 1)ダンゴウオの抱卵場探し (2)ライトを駆使しての水中撮影
  • 國廣哲司(宮古島アクアストーリー)

ガイドリレーの系統を紹介!

◎大島佐喜子さん(ダイビングチームうなりざき/西表島)から(以下、敬称略)
■秋野大(デイドリームパラオ)→八木かつのり(川奈日和/川奈)
■浦崎直美(与那国ダイビングサービス/与那国島)→後藤晴美(マリンロード/伊東)
■黒川真帆(ダイビングセンターMOSS DIVERS/石垣島)→片岡祥子(デイドリームパラオ)
■高見沢昇治(edive/タイ カオラック)→中山大介(OCEAN LIFE BALI/バリ)
■鳥塚明(JUNGLE DIVE/渡嘉敷島)→知久博志(SEA STEP DIVERS/座間味島)
◎高畠忠行さん(TAKAダイビングサービス/宮古島)から(以下、敬称略)
■鎌田陽介(アクアスター宮古島)→寺本晃洋(ダイビングサービス サニーサニー/石垣島)
■鈴木順(宮古島シュノーケリング教室)→冨谷剛(伊良部島マリンズプロ宮古/伊良部島)
■徳岡大之(ウォーターマン/西表島)→井腰幸夫(GOODDIVE/西表島)
■冨樫研一(センスオブワンダー/石垣島)→竹内真一(TAKEダイビングスクール/石垣島)

海のガイド名鑑は『マリンダイビング』4月号にも掲載されています。
ぜひご覧ください!

マリンダイビング 4月号
石川肇も感動! アシカ・ジンベエ・濃い魚群 ラパス
鍵井靖章が愛する生物密集地帯 メナド&レンベ
特別付録 マリンダイビングフェアお楽しみガイド
ご購入はこちら
フィッシュウォッチング500
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

楽園モルディブ2017

楽園モルディブ2017

DIVING スタート&スキルBOOK

DIVING スタート&スキルBOOK

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016

パラオ (Marine Diving plus)

パラオ (Marine Diving plus)

DIVE IN ASIA ダイブインアジア2015

DIVE IN ASIA ダイブインアジア2015

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500