Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

海のいきもの
第31回 アオリイカの産卵シーズン

第31回 アオリイカの産卵シーズン

初夏から夏にかけて、最もエキサイティングなイベントのひとつアオリイカの産卵。
水温など海況にも左右されるが、すでに「アオリが来た!」との情報が各地から聞こえてきたぞ。
アオリ未体験の方は、今年こそチャレンジだ! ●構成・文/山本真紀(2017年5月制作)

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

今さら聞けないアオリイカ?

スルメイカやヤリイカ、ケンサキイカにホタルイカ、コウイカ・・・「食」的な意味で、日本人のイカ好きは世界でもトップクラス。それだけ身近な存在のうえ、姿もきれいで動作も面白いため、ダイビングでもイカは人気者。その中でも今回は特にアオリイカをクローズアップ。まずは、アオリイカの基本情報を紹介。●撮影/西伊豆・富戸

◆初夏がシーズン:南日本では繁殖期(※)になると沿岸に寄ってくるため、ダイビングでも見かけるようになる。産卵床(間伐材などを人為的に沈めたもの)を設置するエリアでは、かなりの高確率で見られる。
(※)エリアや、その年の水温などによって前後する。だいたい4~8月。沖縄では10~12月を除く周年。

◆分布とサイズ:北海道南部以南からインド-太平洋ほぼ全域。大きさ20~50cm。

◆見分け方:胴体にあるヒレ(耳)が長くヒラヒラしていることで、他のイカと区別するのは簡単。

◆名前いろいろ:標準和名アオリイカの「あおり」は、乗馬のとき鞍の下に敷く円形の敷物「泥障(あおり)」に由来するらしい。そのほか別名は下記の如くいろいろあり。
・「みずいか」水に溶け込みそうな透明ボディだから。興奮・警戒したときなどは様々な模様・体色に変わる。
・「ばしょういか」大きなヒレ(耳)を広げた姿が、芭蕉の葉に似ていることから。
・「もいか」ホンダワラなどが繁茂する藻場で産卵することが多いから。
・そのほか、「あきいか」「くついか」「あかいか」「しろいか」「くあいか」などたくさんあり。

◆オタク向き知識:日本で見られるアオリイカは、少なくても3タイプに分けられるという。発見のきっかけは、沖縄の漁師さんが、漁獲したアオリイカを「赤いか」「白いか」「くぁいか」と呼び分けていたこと。調査の結果、それぞれサイズや産卵生態が異なることが判明。藻場などの沿岸浅場で産卵するのは「白いか」(卵嚢内に5卵前後)、深場に長い卵嚢を産むのが「赤いか」(卵嚢内に卵は6~13個)。「くぁいか」は15cm程度と小さく、沖縄・奄美地方で見られ、リーフ内のガレキサンゴの裏側などに、2つの卵が入った卵嚢を産む。

メスとオス、どこで見分ける?

点々がメス
写真は産卵中のメス。胴体の背中側に見える白い点々がメスの特徴。産卵時は赤っぽくなるので見分けやすい。白いソーセージのようなものは卵嚢。●撮影/八丈島

こちらはオス
胴体に細い筆を使って描いたような白く短いラインが見える。これがオスの特徴で、興奮したときなどは地色が濃くなるのでよく目立つ。●撮影/八丈島

自然界での産卵場所はどこ?

繁殖期になると、沖合から浅い沿岸にやってきて、海藻や海藻が付着した岩に産卵するのが一般的。写真のようにヤギに産み付けることもある。●撮影/西伊豆・田子

やや深場の砂地にある岩礁に産み付けられた卵嚢。白っぽいのは産卵直後、茶色っぽいのは産卵後しばらく経過したものと思われる。●撮影/八丈島

晩夏から冬、アオリイカはどこに?

アオリイカの成体は、産卵シーズンである初夏から夏にかけて産卵床で見られるほかは、ダイビングでは滅多に見かけない。なぜだろう? その理由はアオリイカの生活史をみるとわかる。

●夏~初夏:アオリイカの繁殖期。各地で産卵が行なわれる。その後、親は寿命を迎える。
●初夏~秋:卵から小さなベビーが産まれてくる。大きさ1cm弱で、水面直下を目指し浮上。その後、小さなエビや仔魚などを食べながら急速に成長(12月頃には8~20cmになるという)、小さな群れをつくる。
●冬~春:沖合に移動し、さらに成長。やがて生殖腺も成熟してくると、沿岸に寄り始める。

獲物を捕まえてご満悦の若いアオリイカ。晩夏から秋にかけてはまだ沿岸にいるため、ダイバーの目につくことも多い。●撮影/西伊豆・大瀬崎

晩夏から秋にかけては、若いアオリイカの群れをよく見かける。水面直下にいることが多いため、スクーバダイバーは見逃すこともあるかも。●撮影/奄美大島

おまけ~イカの落とし物

2015年9月初旬、スノーケリングで遊んでいたら、水面直下に7~8cmほどの若いアオリイカの群れを発見。追いかけたところ、ピュッと墨を吐き出した。墨は海中に広がることなく、塊となったままその場にしばらく浮遊(写真)。それに気を取られている間にイカは遠くへ移動していた。タコ墨は煙幕だが、イカ墨はデコイであることがよくわかる。●撮影/伊豆大島

サンゴ礁の海で会える魚を中心に500種を網羅
ダイバーのためのお魚ガイドの決定版!

フィッシュウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載
撮れる! 魚別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
フィッシュウォッチング500

海の生き物がわかる!海の生き物を撮れる!
ダイバーのための海の生き物図鑑

海の生き物ウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載!
撮れる! 生き物別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

イルカと幸せな日々

イルカと幸せな日々

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号