Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

STOP! 潜水事故
CASE48 ウエイトを1kg外したら…

STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。 ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。 そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • Guam
  • HID
  • マリンパックツアー
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー
  • トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…

CASE48 ウエイトを1kg外したら…

今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

事故者は、1本目のボートダイビングでウエイトが重いと感じたため、2本目は1kg、ウエイトを減らしてダイビングをスタート。ところが浮き気味となり、過度のフィンキックをする羽目に。その結果、呼吸が乱れ、咳き込むようになった。
インストラクターがそれを見て、浮上するように指示。水深5mで安全停止をしているときも、浮き気味だったために意識的に息を大きく吐いていたのだが、ハイパーベンチレーション状態になり、安全停止が終わり浮上する時にはブラックアウトを引き起こしてしまった。
いったん心肺停止状態に陥ったが、インストラクターのCPRにより自発呼吸を再開。港に戻った後、念のため救急車とドクターヘリにより医療機関に搬送され、診断を受けたところ、異常がなく帰宅することができた。

直接の原因過呼吸

対処法

事故者が1本目にウエイトが重く感じ、2本目に1kg減らしたことについては、正しいと思う。
それなのに事故に遭ってしまったとは……。
とっても考えさせられるケースだ。

ただダイビング中に不具合を感じたら、すぐにバディやインストラクターに伝えれば、ブラックアウト、心肺停止といった状態にまで陥らずに済んだはずだ。

まずウエイトを減らすにあたり、保険をかける意味でバディやインストラクターにその旨を伝えておく。
できるインストラクターやガイドであれば、「いや、でも、逆にウエイトが足りない状況に陥るかもしれない」と考えてその人を注意深く見ているものだ。
ダイビングは自己管理なのだから、インストラクターやガイドがそこまでする必要はないのだが。

でも、あらかじめウエイトを減らしたことを伝えておけば、
実際に潜って見たら浮き気味だった際に、やっぱりウエイトが足りないということも申告しやすいのではないだろうか? プライドで言えない? そんなプライドは捨ててしまいなさい。快適に潜ることが安全への第一歩なのだから。

たいていインストラクターやガイドはウエイトを多めに持っているので、1kgぐらいなら分けてくれること間違いない。もし万が一予備がない場合は、エントリーしてすぐであればゲストに1kg渡して、水中待機をさせ、ガイド自身がウエイトをもらいにボートに戻るということもできるかもしれない(ガイドのアシスタントがいないときは無理だろうけれど)。

いずれにしても、自分でガマンをしないで早い段階でインストラクターからウエイトをもらっておけば、呼吸が乱れ、ハイパーベンチレーションからの過呼吸になることもなく、ましてやブラックアウト、心肺停止になることもなかったはず。

ウエイトの調整をすることは悪くないけれど、調整後に不具合があった場合は即、再調整できるようにしよう。

『マリンダイビング』3月号は

「潜水事故を0にしよう!」大特集。
真剣に安全ダイビングを考える1号。ぜひご購入を!

次回更新予定日 2017年4月26日

CASE 49 リーフカレントで戻れず漂流

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

こちらからご購入できます
トップページへ戻る
  • トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…

バックナンバー

関連書籍Book concerned

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

スクーバダイビング読ん得ガイド

スクーバダイビング読ん得ガイド

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

レンジャーダイバーのための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10
  • 楽園モルディブ2017
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • Guam
  • HID
  • マリンパックツアー
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

サイト内検索Search

リンクLinks

  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビングクラブ
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10
  • 楽園モルディブ2017
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント