Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

STOP! 潜水事故
CASE46 エンジンがかかっているボートに接触

STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。 ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。 そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • Guam
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー
  • トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…

CASE46 エンジンがかかっているボートに接触

今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

数名のダイバーでドリフトダイビングを楽しんでいた。
終了後、水面でダイビングボートが迎えにくるのを待っていたところ、
ダイビングボートがやってきた。
操船者が後進で接近し、約100mの位置まで接近したところで、
スロットルレバーが中立にもなっていないにもかかわらず中立にしたものだと思い込み、
操舵室を離れ、後部デッキになる梯子の準備を開始。
男性と女性がそれぞれ1名ずつ接近したところ、船に接触し、負傷した。

港に戻り、医療機関に搬送されたが、
1目は左踵部を裂傷、
もう1名は腰部に裂創を負い、臓器損傷の疑いもあったことから開腹手術を実施したが、
臓器に損傷は認められなかった。

直接の原因エンジンのかかっている
ボートに接触

対処法

「エンジンがかかっているボートには近づかない!」
対処法といえばこの一言に限る。

ボート接触の事故では、この事例ではケガですんだものの
過去に死に至っているダイバーもいるので、本当に気をつけたい。

ボートダイビング、それもドリフトダイビングは、
流れにほとんど逆らわずに楽しめる、とってもラクチンな場合が多いのだが、
水面でボートを待ったり(それも時には数分間以上待つことも)
波が高い中でボートに上がらなくてはならなかったりと、
場合によってはそれなりのリスクはある。

だが、安全のためにも絶対に守らなくてはならないのは、
近づいてきたボートがエンジンを止めてから、ボートに近づくことだ。
エンジンを止めるといっても、たいていの場合はアイドリング(中立)状態。
一般ダイバーの耳にはエンジンがかかっているように聞こえるかもしれない。
自分で判断できない場合は、ガイドのOKが出てから近づくこと。

なお、波が高い場合、流れがある場合は、
ボートが近づいて来たらロープを出してくれるものなので、
それにつかまって、船に上がる順番を待つようにしよう。
つかまらないと、流されてしまいがちなので、確実に!!

2017年2月10日発売の『マリンダイビング』3月号は

「潜水事故を0にしよう!」大特集。
真剣に安全ダイビングを考える1号。ぜひご購入を!

次回更新予定日 2017年2月22日

CASE 47 フィンが外れて焦ったあまり…

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

こちらからご購入できます
トップページへ戻る
  • トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…

バックナンバー

関連書籍Book concerned

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

スクーバダイビング読ん得ガイド

スクーバダイビング読ん得ガイド

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

レンジャーダイバーのための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号