Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

海のいきもの
第36回 ミナミハコフグと、その仲間たち

海のいきもの

秋、ご近所の海にはサンゴ礁からのゲストたちがいっぱい。
季節来遊魚(死滅回遊魚)と呼ばれる、黒潮に乗って運ばれてきた熱帯・亜熱帯性の魚や生き物たちだ。
その中でも一番人気のミナミハコフグとその親戚筋を紹介。●構成・文/山本真紀(2017年10月制作)

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

トップバッターはもちろんミナミ君

ハコフグの仲間(ハコフグ科)はフグの仲間(フグ目)に属しており、名前の通り箱形の角張った体が特徴。英語圏でもBoxfish、Trunkfishなどと呼ばれている。この角張った体は多角形のプレートが組み合わさってできており、触れてみると柔らかい感触のフグとは違って、かなり硬いことがわかる(㊟ ただしダイビング中は「お触り」厳禁)。なお、ハコフグ科は世界の海に30種以上が知られており、日本にも10種ほど分布している。

ミナミハコフグ

成魚はインド-太平洋のサンゴ礁でしか見られないが、幼魚は初夏から秋にかけて伊豆半島や伊豆諸島、紀伊半島などで普通に見られる。成長につれて、キュートな模様がすっかり変わってしまう。
●幼魚/浅い岩礁の岩穴や亀裂などに潜んでおり、スノーケリングでも見られる。特徴的な黒い水玉模様は、敵に眼の位置をわからなくする効果があるらしい。そう言われてみれば、黒点のサイズはちょうど瞳孔と同じくらいだ。記者は愛着を込めて「妖怪百目小僧」と呼んでいる。撮影/沖永良部島
●成魚(オス)/幼魚は1~5cmくらいだが、成長すると20~40cmに達する。メスはイエローやモスグリーンの地色に黒い縁取りのある白い斑点模様。撮影/沖縄・ケラマ諸島

「ミナミ」の付かないハコフグ

ハコフグ(幼魚)

岩手県以南の南日本、伊豆・小笠原諸島、朝鮮半島などに分布するハコフグの仲間。個体や成長段階によって模様にバリエーションがある。ミナミハコフグの幼魚とたまに間違えられることも。
●幼魚A/一見ミナミハコフグっぽいのだが、よく見ると青白い斑紋が混じっている(写真の腕が悪くて、見づらくてすみません)。この青白~白い水玉があることがハコフグの幼魚の特徴。撮影/伊豆大島
●幼魚B/こちらは典型的なハコフグの幼魚(頭に寄生虫が付いてるけど)。撮影/東伊豆・八幡野

ハコフグ(成魚)

成長すると20~30cmとなる。メスとオスで模様が違うこともミナミハコフグと同じだが、ハコフグは幼魚・成魚ともにサンゴ礁では見られない。なお、市場には出ないが一部地域では食用となる。そのまま火で炙り、焼けたところで硬い殻を割って味噌を投入、体を器代わりに食すという調理法がユニーク。
●成魚(メス)/写真の個体ではくすんでいるが、普通は白斑がもう少し目立つ。撮影/伊豆大島
●成魚(オス)/背中の青が特に印象的。ミナミハコフグの成魚はサンゴ礁でもあまり見られないが、ハコフグの成魚は南日本の岩礁域で比較的よく見られる。撮影/伊豆大島

「ハコフグ御三家」のラストバッター

クロハコフグ

インド-太平洋のサンゴ礁に広く分布し、日本でも沖縄で見られる。成長すると20cmほどになる。
●メス/幼魚とメスは黒地に多数の白点があり、これが和名の由来。撮影/ケラマ諸島
●オス/背中の地色は黒いが、その他の部分は青みが強くなる。斑点も黄色となり派手さが増す。こうしてみると、ハコフグ御三家(ミナミハコフグ、ハコフグ、クロハコフグ)のオスは皆さんブルー。撮影/ケラマ諸島

角があるハコフグたち

ハコフグ御三家(上の3種類)はハコフグ科ハコフグ属という同じグループなのだが、ハコフグ科にはコンゴウフグ属というグループもある(他にも数属あるけど省略)。コンゴウフグの仲間は眼と尻ビレ付近に1対のトゲがあることが特徴。これを角に見立てて、英語圏ではCowfishと呼ばれる。

シマウミスズメ

背にも強大なトゲが1本あり、英語圏ではThornback cowfishと呼ばれる。ウミスズメというよく似た種類もいるが、青い虫食い状の模様の有無で識別は容易。成長すると15cmほどになる。インド-太平洋(日本では南日本の太平洋岸、伊豆・小笠原諸島、琉球列島)、大西洋南東部に分布。撮影/東伊豆・川奈

コンゴウフグ

体のプロポーションや2対のトゲ(眼の上と尻ビレ付近)の長さは成長段階でかなり変わる。潮通しがいい開けた砂地の浅場という環境でよく見られるが、日本ではなかなかお目にかかれない。分布はインド-太平洋(日本では南日本の太平洋岸、八丈島、琉球列島)。成長すると40cmほどになる。撮影/沖縄本島

サンゴ礁の海で会える魚を中心に500種を網羅
ダイバーのためのお魚ガイドの決定版!

フィッシュウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載
撮れる! 魚別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
フィッシュウォッチング500

海の生き物がわかる!海の生き物を撮れる!
ダイバーのための海の生き物図鑑

海の生き物ウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載!
撮れる! 生き物別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

イルカと幸せな日々

イルカと幸せな日々

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号