Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

伊豆半島 | エリア情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊豆半島基本情報 east west south

シーズナリティarea

シーズナリティ

伊豆ってどんなところ?What’s Izu?

 関東・伊豆エリアはもちろん、全国から大勢ダイバーが訪れる伊豆半島。『マリンダイビング』でも「週末に行ける海」として度々紹介している。
 東京から日帰りで行ける距離に、これほど豊かなソフトコーラル、サンゴ、季節来遊漁、魚群、マクロと様々な顔を見せてくれる海があるということは、ダイバーのみが知り得る特権だ。
 また、東京近郊から伊豆半島へ向かう時に車窓から世界遺産・富士山が見えるということも旅のオプションの一つだろう。

伊豆

東伊豆

赤沢

じっくり潜れるビーチと、変化に富んだボートの2WAY

 南に面した赤沢は北風に強く、東伊豆では貴重なダイビングエリア。赤沢港の目の前に生物豊かなビーチスポットがあり、周辺にバラエティに富み、かつガイドによってよく調査されたボートとスポットが並ぶ。

ビギナーや写真派が潜りやすい工夫いろいろ

 「ビーチ」は器材セッティングエリアからすぐ目の前の港へエントリー、ガイドロープも設置されている。ボートスポットもブイが係留されており、ビギナーや機材の多い写真派にも潜りやすいと好評だ。


より大きな地図で 伊豆半島 赤沢 を表示

バラエティに富んだスポットで、のんびり撮影&ウオッチング

ビーチ

赤沢 ビーチ

 ガイドロープがあるのでナビゲーションが楽、水深が浅めで生物も豊富なので、ビギナーやリフレッシュダイブにぴったり。夏は特にアオリイカが目玉。産卵、卵の中で成長する稚イカ、そしてふ化までウオッチングできる。例年、7~8月まで産卵が見られる。タツノオトシゴやカエルアンコウも常連。

富戸

源泉掛け流し温泉「温泉丸」でも人気!

東伊豆の代表的なダイビングエリアである富戸。複雑に入り組んだリアス式海岸が特徴的な城ケ崎海岸の北に位置していて、ビーチとボートでバリエーション豊かなスポットを潜ることができるのが魅力だ。
陸上の施設も充実している。一番のおすすめはスーツのまま入ることができるお風呂、「温泉丸」。海から戻ってきたダイバーでにぎわう。さらにシャワーや更衣室、器材洗い場がコンパクトにまとまっているので使い勝手が良い。
豊富な生物にダイナミックな地形、陸上施設も充実の富戸。毎年『マリンダイビング』で行なっている「伊豆人気ランキング」で10年連続1位の座を守り続けているのもうなずける。

初心者からフォト派まで幅広い層が支持

ヨコバマ

富戸 ヨコバマ

 浅瀬の岩場にはイソギンチャク畑があり、クマノミやミツボシクロスズメダイが生息している。カエルアンコウや季節来遊魚も観察できる。また、エントリー口から右手に進んだ浅瀬には「富戸ホール」と呼ばれるケーブがある。

八幡野

おしゃれな伊豆高原にある硬派なスポット群

 八幡野の磯に降りると、周囲は断崖絶壁。約4000年前の大室山の噴火によって流れた溶岩流が形成した地形だ。海の中も入り組んだ根や岩礁となっており、周囲を囲まれた湾状のビーチスポットは、穏やかで風に強いうえに地形も豊かで生物が非常に多い。ボートスポットも「ビーチ」に劣らず魚影の濃い面白い海となっている。「ビーチ」のすぐ前に漁協直営のサービス施設がある。


より大きな地図で 伊豆半島 八幡野 を表示

マイペースダイビング。写真派&生物派におすすめ

ビーチ

八幡野 ビーチ

 現地ダイビング施設のすぐ目の前のスロープからエントリー。ゴロタと根、砂地の海底が続き、マクロ系の生物には事欠かない。いろいろなコース取りが可能で、前の島からあじ根を回ってくるのが一般的。右手の砂地は潜水禁止エリアなので侵入禁止。

初島

充実のビーチスポット群、島の雰囲気も楽しもう

 初島は熱海沖に浮かび、「首都圏から最も近い離島」。ビーチスポットであっても、潮通しがよく、イサキやタカベの群れなど魚影が濃い。


より大きな地図で 伊豆半島 初島 を表示

熱海から高速船で約25分、アイランドトリップを楽しもう

フタツネ

初島 フタツネ

 エントリーしてすぐ魚群に囲まれたり、ゴロタの海底でクエ(大型のハタ)と遭遇したりする。夏はアオリイカの産卵や稚イカの誕生が見られる。浅い砂利の海底ではジョーフィッシュも。

西伊豆

大瀬崎

ビギナーもベテランも虜!
日本最大級のダイバーのメッカ

 駿河湾に大きく突き出した岬が堤防としての役割を果たし、通年安定した海況でダイバーを受け入れてくれる。岬の内側が「湾内」、外側が「外海」と大きく分けられ、レベルに応じてスポットの使い分けが可能。

メインはビーチエントリー移動は台車を活用

 ボートもあるが、メインはビーチエントリー。砂利浜やゴロタの上を歩くことになるので、足元はブーツ着用がベター。外海のスポットへは、器材を台車に積み、歩いて5分ほど移動する。


より大きな地図で 伊豆半島 大瀬崎 を表示

豊かな生物相に恵まれたダイバーズヘブン

湾内

大瀬崎 湾内

 台風が直撃しないかぎり、潜れない日はない鉄板スポット。栄養たっぷりの駿河湾が育む生物は多種多様で、ときにマンタやニタリなどの超大物が目撃されることもある。カエルアンコウ、ミジンベニハゼ、ネジリンボウなど、ダイバーの心を躍らせる人気者に会える海だ。

安良里

きれいな景観に囲まれたビーチが大人気

 喧騒とは無縁の静かな場所にある安良里。民宿や小さな商店が連なり、昔ながらの伊豆の風情が残っている。特にビーチは緑に囲まれた広いセッティングエリアと充実した施設が人気。夏場は多くのダイバーが訪れる。

1日で1ボート+1ビーチのいいとこどりも人気

 ビーチもボートも積極的に行なっている。ビーチのエントリーは一つ。広いのでコースが何通りも楽しめる。ボートは地元漁協の漁船を利用。ブイが設置されているので潜降も安心だ。夏場はトビエイが大人気!


より大きな地図で 伊豆半島 安良里 黄金崎 を表示

ビーチもボートもピカイチ!のんびりダイビングで癒される

黄金崎ビーチ

安良里 黄金崎ビーチ

 安良里唯一のビーチ。最大水深18mと浅く、下は白砂なのでビギナーでも大変潜りやすい。しかも人気生物が多く、砂地には定番アイドルのネジリンボウ、空き缶の中に隠れるミジンベニハゼ、イロカエルアンコウなどがわんさか。さらに8~9月になるとムレハタタテダイの10~30尾の群れやクロホシイシモチのとんでもない群れが見られる。そのほかニシキフウライウオやミナミハコフグの幼魚など、フォト派に人気の生物も登場。

田子

漁港としても名高い多彩な海

 西伊豆のちょうど真ん中に位置し、広々とした湾は天然の良港として知られる。サンゴ、ソフトコーラルが豊富で、ワイドの風景も楽しい。

ボートダイビングが基本悪天候時のお助けスポットも

 基本的にボートエントリー。ボートは各サービスの目の前から出港するので移動の負担も少なく、外洋のスポットでも移動距離は3~15分。さらに湾内にもスポットが多いため、悪天候でもクローズしにくい。


より大きな地図で 伊豆半島 田子島 を表示

咲き乱れるソフトコーラルの花。カラフルな海が自慢

田子島

田子 田子島

 5~9月の5カ月しかオープンしない限定スポット。色とりどりのソフトコーラルやテーブルサンゴが生息し、「ここ本当に伊豆!?」と驚いてしまうような南国ムードが漂う。周囲にはアカエイやイサキの群れが高確率で見られ、フィッシュウオッチングも楽しい。また、ほかの外洋のスポットよりも波や潮流の影響を受けにくく、ビギナーでも潜りやすいのもうれしい。

井田

魚影の濃さは伊豆随一! エントリーも楽チン

 "井田ブルー" と称される透明度抜群のビーチが頼れる一本柱。スポットはダイビングサービスの目の前に位置し、エントリーも楽々だ。井田といえば魚影の濃さが有名で、マクロからワイドまでその実力は伊豆でも一、二を争う。日本一水深の深い湾でもある駿河湾に面しているだけに、ときに深海魚などが見られることも。


より大きな地図で 伊豆半島 井田 を表示

ワイドもマクロも!スーパービーチ

ビーチ

井田 ビーチ

 水深30mほどまで傾斜の続く、長さ200mの広大なビーチ。どこからでもエントリーが可能だ。見どころは魚影の濃さで、夏場はイサキやタカベの群れや、それらにアタックするカンパチの姿などワイルドな生態シーンも観察できる。外洋に面しているが、流れは穏やかなのでビギナーでも安心。ただし、だらだらと水深が深くなっているので、いつの間にか平均水深が深くなっていることも。水深チェックはこまめにしよう。

南伊豆

神子元島

石廊崎の南東、約10km、に浮かぶ絶海の孤島

 黒潮支流の影響をダイレクトに受ける神子元島は、周囲の潮が速く複雑であるため、かつては航海の難所とされていた。それだけにカンパチやワラサなどの回遊魚の大群をはじめ魚影が濃い。特に、ハンマーヘッドシャーク(アカシュモクザメ)が大群で現れる海としてよく知られている。

神子元の必須テク ドリフトダイビング

 神子元島でのダイビングは100%ドリフトだ。一般に船尾からジャイアントストライドでエントリーし、流れていることが多いので即潜降できる技量が必要だ。もちろん、中性浮力も必須テク。また、この海の潮は速いだけではなく流れも複雑。常にガイドを意識し、カレントフックやフロートなどの安全グッズも必携。


より大きな地図で 伊豆半島 神子元島 を表示

ハンマーヘッドシャークの海 大物・魚群がめじろ押し!

カメ根

神子元島 カメ根

 ハンマーヘッドシャーク狙いのビッグスポット。その遭遇率は夏から秋が最も高く、水温が20度を超えると出現する傾向がある。また、黒潮の流路も関係があるようで、直前に現地サービスに問い合わせてから潜りに行くのが確実。そのほか大型回遊魚やマアジ、タカベなど魚影が濃い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名物(郷土)料理Local dishes

お薦めのお土産・料理を投稿!

お薦めのお土産・料理を投稿する

人気のおみやげGift

お薦めのお土産・料理を投稿!

お薦めのお土産・料理を投稿する

関連書籍Book concerned

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年7月号

2015年7月号

Marine Diving 2015年6月号

2015年6月号

Marine Diving 2015年5月号

2015年5月号

Marine Diving 2015年4月号

2015年4月号

Marine Diving 2015年3月号

2015年3月号

Marine Diving 2014年12月号

2014年12月号

Marine Diving 2014年11月号

2014年11月号

Marine Diving 2014年10月号

2014年10月号

Marine Diving 2014年9月号

2014年9月号

Marine Diving 2014年8月号

2014年8月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

Marine Diving 2014年6月号

2014年6月号

Marine Diving 2014年4月号

2014年5月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10
  • 楽園モルディブ2017
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • Guam
  • HID
  • マリンパックツアー
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

サイト内検索Search

リンクLinks

  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビングクラブ
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10
  • 楽園モルディブ2017
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント