Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

STOP! 潜水事故
CASE65 スノーケリングで溺死

CASE65 スノーケリングで溺死

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。 ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。 そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

Recommendおすすめサイト

  • オリオン
  • HID
  • おすすめダイビング旅行
  • スタッフ募集
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • 水中写真の学校
ダイビングスクール選びは Diving School トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

CASE65 スノーケリングで溺死

今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

今回のテーマは先月告知したものとは異なることをお詫び申し上げます。
というのも、この夏、日本が高温だったこともあり、海へ行く人も非常に多かったのだろうが、スノーケリング(シュノーケリングと一般的には呼ぶ人が多いが)の事故が異常に目立った。
まだ暑い夏は続きそうなので、注意喚起の意味を含めて今回はスノーケリングで溺水した事例を紹介。

ある夏、南の島の海岸でスノーケリングをしていて遊んでいた、東京から家族で観光で遊びに来ていた小学生が水深約2mの海中に仰向けに沈んでいるのを父親が発見。すぐに引き揚げ、家族や近くにいた人が心肺蘇生をしながら、救急隊に引き継ぎ、病院に搬送された。

直接の原因溺れ

対処法

統計によると、遊泳中(スノーケルなどを付けない)の事故の約6割が溺水なのに対し、スノーケリング中の事故は約8割が溺水だという。しかも、スノーケリングでは死者・行方不明者を伴う事故が6割以上と高い。
この数字だけ見ると、スノーケリングは海遊びの中ではかなり危険ということになるが、ダイビングでも同じことがいえるように、スノーケリング中でも“ルール”を守れば誰もが手軽に安全に楽しめるものであるのも事実。
実際、ルールは日本全体としては具体的に確立されていないが、例えば沖縄県では、沖縄県警の下、水上安全条例という条例がある。そこではスノーケリングの場合はライフジャケット等の浮力体を着用することと挙げられている。実際、水上安全条例を順守しているマリンサービス(ダイビングサービスを含む)では、ライフジャケットの貸し出しをしてスノーケリングツアーやコースを開催している。
スノーケリングは自己流でいくらでも楽しめるものだが、最初はこうしたマリンサービスなどでライフジャケットを着用して、スノーケリングのノウハウを学ぶというのも、大事なことといえる。

海上保安庁がホームページで発表している「シュノーケリング安全対策5箇条」を紹介すると、
1)浮力の確保
2)単独で泳がない
3)自己流は危険
4)飲酒・体調不良は事故のもと
5)泳ぐ場所の確認

と、ダイビングと同じような安全対策が推奨されている。

1の浮力確保は、先のライフジャケットを着用することのほかに、ウエットスーツも非常に浮力があるので有効だ。

2は、ダイビングでいうバディシステムの確立。スノーケリングでも一人で泳いでいるうちに、水を飲んでしまってパニックになることがあるかもしれない。万が一、そんな場合も近くにバディがいれば、溺れないように声をかけてあげたり、万が一意識不明になってもすぐに助けてあげることができるかもしれない。

3は、スノーケリングの基本を覚えておく必要があるということ。最近はスノーケリング講習を開催しているダイビングサービスやマリンサービスが多いので、最初は基本を教わることも大事だと思う。
スノーケルを通しての正しい呼吸、マスククリアの仕方など、基本はそんなに難しいことではない。けれど、危なくなったときの対処法まで教われば、自分たちでスノーケリングを楽しむときにも心強いはずだ。

4は、ダイビングでも同様なのだが、飲酒後のスノーケリングは急に冷たい水に入って心筋梗塞になったり、脱水症状になっていて体調を崩したりしかねない。前日の夜、飲み過ぎた状態でのスノーケリングも同様だ。体調万全な状態でスノーケリングに臨みたい。

5は、リーフカレントが発生しやすく、出て行ったはいいものの、なかなか帰って来られなくなり、流されてしまうという事故が多いことから。波が高いところでは呼吸がしにくくなるので、低気圧や台風のときは、スノーケリングを諦めることも大切だ。


ちなみに、スノーケリング時の道具だが、マスク、スノーケル、フィン、ライフジャケットの4点セットが必要。
さらに、長時間水面に浮かんでいるとかなり日焼けするので、ウエットスーツを着用するか、もしくはUVカット機能のあるラッシュガードなどを身に着けて、泳ぐようにしよう。

また、スノーケリングをしていると、時々スノーケルの先端から水が入ってくることがある。
そんな場合は、しっかりとスノーケルクリアをすること。
スノーケルクリアがうまくいかず、水を飲み込みそうになっても、水を飲んではダメ。スノーケリングをそこでお休みして、顔を確実に水面に出した状態で(結構立ち泳ぎが大変な場合もあるが、頑張って!)、くわえているスノーケルを外して呼吸を。空気を吸って落ち着いた段階で改めてスノーケルをくわえて、スノーケルクリアに再トライ。こうすれば、水を飲むこともなく、溺水に至ることは避けられるはずだ。
立ち泳ぎが大変な場合は、くるりと仰向けになって、顔が水面につからないようにして、スノーケルを外し、呼吸し直すという手もある。

いずれにしても、スノーケリング中は入ってきた水は飲まない!と心に誓って、対処していただきたい。

ダイビングの休憩時間にスノーケリングをしたいという方も気をつけてくださいね!

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

潜水事故に学ぶ
安全マニュアル100
漂流・迷子・エアゼロ・マスクに水などなどシーン別対処法
初心者・ブランクダイバーなどダイバー別事故例&対処法
バディシステムは本当にできているかチェック! 他
こちらから購入できます
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

次回更新予定日 2018年9月26日

CASE66 水中で大笑いしたら、海水が!

トップページへ戻る
ダイビングスクール選びは Diving School トラブルに遭わない、遭っても対処できるダイバーになるために…潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

バックナンバー

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルアップ 2019

DIVING スタート&スキルアップ 2019

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

新しい潜水医学

新しい潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • HID
  • おすすめダイビング旅行
  • スタッフ募集
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • 水中写真の学校

サイト内検索Search

リンクLinks

  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

人気連載POPULAR SERIES

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント