Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

気軽に行ける距離なのに迫力ありすぎ!
巨大沈船眠る 熱海

気軽に行ける距離なのに迫力ありすぎ!巨大沈船眠る熱海

東京から1時間半、伊豆の中でも抜群にアクセスが良い温泉リゾート熱海。
国内最大級の沈船が沈む大迫力の海で遊んだ後は、あったか~い温泉とおいしい海の幸を堪能して、一泊してみてはいかが?
この夏はいろいろなダイバーの要望に応えられる熱海でダイビング、してみよう。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

熱海の海ってこんな海

 熱海でダイビングと言ったらやっぱり国内最大級の「沈船」が有名だ。しかしその周りの魚影だって負けていない。「沈船」に圧倒された後は、カラフルな魚影に癒されて……といろいろな楽しみ方ができる熱海。欲張りダイバーにおすすめ! これから夏にかけて魚もぐんぐん成長して、魚群の迫力を増す熱海に、夏のダイビングトリップしに出かけよう!

撮影:《ダイビングサービス熱海》豊嶋康志さん
撮影機材:ソニーアクションカムHDR-AS300

熱海への行き方

熱海が人気な理由の一つはアクセスのしやすさ。東京からなら約1時間半で着いてしまう。仕事が多忙なダイバーや、体に負担をかけたくないシニアダイバーも熱海へなら簡単に行くことができるのが魅力的。

電車で行く

東海道線か東海道新幹線でJR熱海駅へ。東京から新幹線だと40~50分とあっという間に着いてしまう。駅からはバス(後楽園行き終点)かタクシーを利用しよう(所要時間10分程度)。

車で行く

東名高速~小田原厚木道の小田原方面へ。西湘バイパスを経由して国道135号を通り、真鶴ブルーラインより熱海ビーチラインを抜け、突き当たりの信号を左折。そのまま道なりに進むと熱海港に到着!

新しくなった熱海駅。目の前には駐車場も設置されている。車で来たダイバーはここに駐車して、昭和の雰囲気が残るレトロな街並みを散策してみては?

熱海の街のさまざまなところから湧き出している温泉。排水溝から出てくる湯気が熱い! くれぐれも顔や手などを近づけないように

ダイビングスタイル

熱海は伊豆の中では珍しく、100%ボートダイビング。スポットまではどこも5~10分程度なので船酔いが心配なダイバーも安心だ。《ダイビングサービス熱海》は港の目の前にあるため、準備をしてから船に乗って、ダイビングをするまでの移動距離が短く楽チン。最大水深が深めのスポットが多く、中性浮力が取れるスキルが必要だが、体験ダイビングができる浅めのスポットもあるので、ビギナーでも大丈夫♪ 

熱海湾からは熱海の街並みが一望できる。この街並みの前に壮大な海が広がっているなんて……潜るまでは想像がつかない

撮影:《ダイビングサービス熱海》豊嶋康志さん
撮影機材:ソニーアクションカムHDR-AS300

スポット紹介

 熱海一番の人気スポット。昭和61年に沈んだ巨大砂利運搬船「旭16号」は迫力満点で、その大きさは全長81mと国内最大級。ソフトコーラルにびっしりと覆われた船体は華やかさもあり、多くの魚たちのすみかとなっている。東京から1時間半の海でこの壮大な「沈船」を見ることができるなら行くしかない!

沈船

東京から1時間半、日本最大級の沈船スポット 熱海
撮影:《ダイビングサービス熱海》豊嶋康志さん
撮影機材:ソニーアクションカムHDR-AS300

気分はまるで探検家。この興奮は一度体験するべき!

巨大沈船なだけにウインチも大きい。長い年月が経っているのに、こんなにはっきり形をとどめているとは驚き

沈船はゆっくり見ていたら1ダイブで回りきれないほど大きく、魚影も濃い。何度潜っても飽きない!

ソーダイ根

 「沈船」についで人気のスポット。巨大なすり鉢状の海底とドロップオフの両方を楽しめる地形がおもしろい。ハナダイ系は種類も数も多く、色鮮やかなソフトコーラルとの融合が魅力的。体験ダイビングができるような浅い場所もあるのでビギナーでも安心して潜ることができる♪

とにかく魚影が濃い! たくさんのハナダイに囲まれて一緒に泳ごう

ソフトコーラルもこんなに鮮やか。色とりどりなのでいろいろな角度からの被写体を楽しめる

ビタガ根

 二つの根を中心に複雑な地形が広がる。沈船のすぐ隣に位置し、エア持ちが良い人ならリクエストすれば一緒に楽しめちゃうかも……! 《ダイビングサービス熱海》ではお客さんのレベルやその日の海況に合わせた海を見せてくれるから、こんなオーダーメイドな楽しみ方もできるのだ。相談してみよう。

「沈船」も魚影も……。両方楽しみたい人にぴったりなのが「ビタガ根」だ

ソフトコーラルは種類も数も多く、彩り鮮やか。こんな濃いピンクのソフトコーラル、なかなかない

スノーケル体験で夏の思い出作り

《ダイビングサービス熱海》では夏のスノーケリング教室を開催している。ボートで行く断崖絶壁、秘密のスノーケリングポイントで安全に楽しく海と遊ぼう! 小学生以上の健康上水中運動が可能な方であれば誰でも参加できるので、家族はもちろん、子供だけでも、カップルでも、一人でも遊びに行こう。『マリンダイビング』9月号「熱海特集」では、ダイビングと合わせたプランニングも紹介しているので要チェック! 

真夏の海へジャンプッ! きっと忘れられない夏になる!

大自然の中で育つ子供は、豊かな心が育つはず。貴重な体験をぜひ家族でしてみては?

夏の一大イベント「熱海海上花火大会」に行こう

夏の夜空に打ち上がる、大きな花火は迫力満点。熱海港は湾になっているので、熱海の街のさまざまなところから観賞することができる

熱海では一年を通して花火大会が行われているが、やはり夏の花火は格別。海面に反射して映る花火と反響する音が、夏の思い出のワンシーンとなるだろう。アフターダイブでゆっくりと観賞して、熱海の温泉リゾートに宿泊したい。《ダイビングサービス熱海》では船に乗って、海の上から間近に花火を楽しめる特別プランも用意している。開催日や料金はHPをチェックしてみよう。

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2017年9月号

「マリンダイビング」2017年9月号

「マリンダイビング」2017年1月号

「マリンダイビング」2017年1月号

「マリンダイビング」2014年8月号

「マリンダイビング」2014年8月号