Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

水中写真がうまくなる!!
第22回 ピンボケを減らす

水中写真がうまくなる!! ~プロが教える撮影テクニック~

みなさん、こんにちは。月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだまです。
この連載では、水中写真の撮影機材や操作の方法、撮影のコツなどを、水中写真を始めたい、うまくなりたいという方に紹介していきます。ぜひ撮影のときに参考にしてみてください。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • HID
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 水中写真の学校
  • スタッフ募集

シャープなピントで被写体を表現してみよう
撮影地: モルディブ

わずかなピントのズレで良し悪しが変わる

水中写真では、とても小さな生き物が被写体になることもしばしばです。一見するとピントが合っているように見えても、拡大してみると、ピントがずれていたという経験はありませんか。ピントを合わせたい部分から、ほんの数ミリピント位置がずれてしまうだけで「惜しい写真」になってしまうこともあります。そんな惜しい失敗はなるべく減らしたいものですよね。今回はそうしたピント合わせのコツについて解説していきます。

一見するとピントが合っているように見えるが……

拡大してみると、目にピントが合っていないのがわかる
撮影地:伊豆半島・大瀬崎

正確なピント合わせには、安定した姿勢が大切

陸上よりも重力の影響を受けにくい水中では、撮影姿勢を安定させることが大切です。不安定な撮り方や、片手でのカメラ保持などでは、正確なピント合わせは難しくなります。体が不安定だと、ピンボケやブレなどの失敗も増えてしまいます。毎回ピシッとピントが合った写真が撮れないという人は、撮影姿勢を改めて見直すのも必要かもしれません。

安定した撮影姿勢が、シャープなピント合わせの大前提

「半押し」は必須技術!

デジカメは、シャッターボタンを押しきらず、半分ほど押し込むとオートフォーカスの機能が起動して、ピント合わせを始めます。これが「半押し」と呼ばれるもので、半押しをせずにそのままシャッターボタンを押してしまうと、ピントを合わせる前にシャッターが切れてしまい、ピンボケ写真になってしまうのです。半押しをして、ピントが合うと、ランプや音で知らせてくれます。まずは半押しを覚えて、自分のデジカメはどのくらいシャッターボタンを押すと半押し状態になるか練習しましょう。普段グローブをして水中写真を撮っている人は、グローブありの状態で練習するのもいいでしょう。海に行かなくても家でできる練習ですから、ぜひ試してみてください。

半押ししてから、被写体までの距離が変わり、ピントがずれてしまった

コンティニュアスオートフォーカスや自動追尾オートフォーカスなど、被写体との距離が定まらないときの撮影に適したオートフォーカスのモードを使いこなそう

被写体を明るく照らすもの、
正確なピント合わせのコツ

デジカメのオートフォーカスは、暗いところや、コントラストのないものなどにピントを合わせるのが苦手です。ですので、撮影用のストロボとは別に、ピント合わせの補助光として、ライトを準備するのもおすすめです。被写体を明るくすることで、ピントがより合わせやすくなります。ストロボを使わずライトを光源にして撮影しているという人はそのままのスタイルでいいでしょう。

筆者のマクロ撮影機材。ピント合わせ用のライトと、撮影用のストロボをセットしてある

深度合成機能を使ってみる

機種によっては、深度合成と呼ばれる機能がある機種もあります。これは一回シャッターを切ると、デジカメが自動でピントの合う位置を少しずつずらしながら何枚も撮影し、手前から奥までピントの合った写真を一枚に合成してくれるというもの。下の作例では、背景のボケ具合が違うのがわかるかと思います。小さくピント合わせの難しい被写体にはありがたい機能ですが、シャッターを切っている間、カメラを固定しなくてはいけないのと、ストロボの発光ができないなどいくつかの条件がありますので、取り扱い説明書を読みながら試してみてください。

深度合成モードの画面。機種によって機能の有無、設定法などは異なる

深度合成なしで撮影。画面後方のサンゴはボケている
撮影地:ケラマ諸島(2点とも)

深度合成ありで撮影。後方までピントが合っている。このときはストロボが発光できなかったので、ライトを使って撮影

まとめ

今回は前回のブレと同じくらい質問を受けることが多い、ピント合わせについて解説してみました。陸上ではピンボケ写真はほぼ皆無といえますが、水中という環境では失敗してしまうミスの一つです。基本中の基本の技術ですので、しっかり覚えてシャープなピント合わせを心がけてほしいものです。次回もお楽しみに。

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問質問を投稿する
原田 雅章
1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は25年、約4900本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

次回更新予定日 2018年12月5日

トップページへ戻る

バックナンバー

ちょっとの工夫でこのうまさ
水中写真の撮り方

関連書籍Book concerned

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • HID
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 水中写真の学校
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント