Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

水中写真がうまくなる!!
第7回 ワイド撮影に挑戦!~機材準備編~

水中写真がうまくなる!! ~プロが教える撮影テクニック~

みなさん、こんにちは。月刊『マリンダイビング』のカメラマンのはらだまです。
この連載では、水中写真の撮影機材や操作の方法、撮影のコツなどを、水中写真を始めたい、うまくなりたいという方に紹介していきます。ぜひ撮影のときに参考にしてみてください。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

ワイドレンズで迫力ある水中写真を撮ろう
撮影地:パラオ

なぜワイドレンズが必要なのか

陸上での撮影であれば広い風景などを撮影したいときに、画面に入りきらなかったら、被写体との距離をとることで、全体を写すことができます。しかし水中で被写体と離れることは、水の層が増え、浮遊物の写り込みや、ストロボの光が届かなくなるなど、良策とはいえません。そこで近距離でも広く撮れるワイドレンズが必要になってくるのです。今回は2回に分けてワイドレンズの使いこなしについて解説していきます。

大きな被写体を画面に収めようとしたあまり、被写体との距離が遠くなり、青カブリしてしまった
撮影地:モルディブ

機材を準備しよう

コンデジや一部のミラーレス一眼の場合、ワイドコンバージョンレンズ(略してワイコン)と呼ばれるレンズを使って写る範囲(画角)を広くすることができます。これはハウジングの外に取り付けるので、被写体に応じて着脱できます。ただし、直径が大きく、内蔵ストロボの発光部を隠してしまうので、新たに外部ストロボをセットすることをおすすめします。また、レンズ自体をワイドレンズに交換する一眼レフやミラーレス一眼では、レンズに対応するドームポートと呼ばれる半球型のポートが必要になります。

コンデジにワイコンを取り付けた例

ワイドレンズ使用時の注意        

ワイドレンズ使用時の注意

ワイコンをセットしたとき、画面の四隅に黒い影ができてしまうことがあります。これはケラレと呼ばれる現象で、ワイコンの一部が写り込んでしまったために起こります。解消法としては、デジカメのズームを少しだけテレ(望遠)側に動かし、画面内に写らなくしてあげることで解消します。あまり極端にズームを動かしてしまうとワイコンの効果がなくなってしまうので、ほんの少しがコツです。また、ドームポートの場合、レンズとポートの光学的な屈折によって、周辺部で、画像が流れるように見える現象が起こる場合もあります。これは絞りを絞ることである程度解消されますが、各メーカーのシステムチャートを確認して、使えるレンズをチェックするといいでしょう。

四隅の赤丸がケラレと呼ばれる現象

少しだけテレ側にズームすると解消できる

ドームポート使用時は周辺の画質に注意

画面の隅を拡大すると、うまく結像していないのがわかる

ライティングにも注意しよう

通常陸上の撮影で、ワイドレンズでの撮影で、風景や大型の動物を撮影するときにストロボを使用することは滅多にありません。しかし、水中写真では、被写体の大きさに関わらず、その被写体の色を再現するためにストロボが必要になります。マクロ撮影であれば、被写体までの距離が近いので、浮遊物の写り込みは少ないのですが、ワイド撮影の場合、被写体まで距離があり、なおかつ広範囲に光を当てる必要があるため、ストロボのライティングが写真の良し悪しを決める要素の一つになってきます。浮遊物の写り込みは、ストロボをレンズから離して発光させることで、軽減することができます。海で長いアームでストロボを離して撮影している人がいるのはそのためです。アームやストロボの位置を変えながら浮遊物の写り込みが少ない位置を確認するといいでしょう。

筆者の基本ライティング。発光部はポートよりも後ろになるように調整している

まとめ

 今回はワイド撮影の機材準備について解説しました。マクロ撮影以上にさまざまな注意点があるワイド撮影ですが、基本をしっかりマスターすれば難しくはないと思います。特にライティングは自身で試してみて、ストロボの位置を確認してみてください。
 次回はワイド撮影のコツについて解説します。ワイドレンズの特徴を生かした撮影法を知ることで、ワンランク上のワイド写真を目指しましょう。次回もお楽しみに。

皆さんの疑問、質問にお答えします!!

皆さんの疑問、質問にお答えします!!「どうしてこんな風に写ってしまうの?」、「このボタンは操作すると、写真がどう変化するの?」など質問があれば、どんどんお答えします!!

疑問質問を投稿する

びっくりするほど上手くなる!
マリンフォトセミナー2017参加者募集!!

2016年に開催いたしました、月刊『マリンダイビング』主催による「マリンフォトセミナー」。
皆さまからのご要望にお応えして、2017年も好評開催中!
世界の海を撮影している原田雅章氏、小川保氏が講師として水中写真の「とっておきのコツ」をレクチャーします。
初級、中級、一眼レフカメラ、マクロ編、ワイド編、構図編すべてのコースで忙しい人のための1Dayコースが充実!
一気にステップアップしちゃいましょう!

詳細はこちら
http://www.marinediving.com/marine_photoseminer/

ご予約はこちら

※希望コース、お名前、ご住所、お電話番号を記載してお送りください。

皆さまのご参加、心よりお待ちしております♪

原田 雅章
1972年3月埼玉県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中に沖縄を何度も訪れ、島の風景や人々に感動しスクーバダイビングを始める。
卒業後、(株)水中造形センターに入社。
同社出版物である『マリンダイビング』などの雑誌で活躍中。
国内は、伊豆半島、紀伊半島、沖縄各島など、海外は南の島を中心に、太平洋、インド洋、カリブ海など20ヵ国以上を撮影。
ダイビング経験は23年、約4500本の潜水経験を数える。
雑誌での取材はもちろん、各地でフォトセミナーを開催。"はらだま"の愛称で親しまれる。

次回更新予定日 2017年8月2日

トップページへ戻る

バックナンバー

ちょっとの工夫でこのうまさ
水中写真の撮り方

関連書籍Book concerned

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

サイト内検索Search

リンクLinks

  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • マリンダイビングクラブ
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント