Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

最新FlashAir™ SD-UWAシリーズW-04がスゴイ!

最新FlashAir™ SD-UWAシリーズW-04がスゴイ!

2017年6月、無線LAN機能をもつSDメモリカードFlashAir™がバージョンアップして新登場! データのスマートフォンやタブレットへの転送が、驚くほど高速になったと話題になっている。本当にスゴイのか? チェックしてみました。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

水没リスクを激減させるFlashAir™

FlashAir™ は、それ自体に無線LAN機能を備え、カメラのハウジングを開けなくても簡単にスマートフォンやタブレットPCに画像転送ができるSDメモリカード。ハウジングを開けなくて済むから、水没リスクは確実に減! ダイビングの合間に転送し、すぐにSNSアップすることだってできる。編集部内で確かめてみたところ、金属製ハウジングでも蓋を開けずにしっかりつながった。※
「これなら、撮影の合間の船上でもピントや露出を大きな画面でチェックできる」と、プロカメラマンにも大好評。

※機種や環境によっては、電波が遮られ使用できない可能性も

着替えもそこそこに、すぐ転送、すぐSNSアップ♪

金属製ハウジングでも接続できた※
■テスト機材:Nauticam NA D-800

転送速度が大幅UPの新世代

2017年6月に新登場したのは、FlashAir™第4世代のSD-UWAシリーズ〈W-04〉。先代と比較すると、大幅に転送速度がアップした。編集部での比較テストでは約21MBの画像データの場合、先代の同シリーズ〈W-03〉だとスマートフォンに転送するのに20.52秒かかったが、第4世代だとわずか4.80秒で転送完了! 約4倍速くなっている。テストの様子は動画をチェックしてみて!

複数台とも接続OK

先代も新モデルも、無線LANは複数台との同時接続が可能。だから、自分のスマートフォンやタブレット、PCに同時転送して時間を節約できる! また、友人たちとの写真のシェアも簡単♪ 受信側は専用アプリを利用できるほか、ブラウザを使用してダウンロードすることもできる。詳しくは、次の使い方ムービーを見てみて。

スマートフォンとタブレットに一気に転送!一度で済むので楽チン♪

友人とシェアする場合、ブラウザを利用してもらうといい。アクセスは簡単

MDカメラマンはらだまが 新FlashAir™をお試し

 先代と比べ、劇的な進化を感じます! まず読み書きが高速になり、RAW+jpegなど重いデータでも撮影にストレスを感じません。信頼して、撮影に専念できますね。また、撮影後の仕上がりチェックも格段に楽に。ハウジングを開けずに高速転送できるばかりか、サムネールの表示速度も先代と比べ圧倒的に速くタブレットやPCでの画像確認がスムースです。PCへのコピーやバックアップも速く、仕事が快適になりました。

水中カメラマン 原田雅章 Profile
月刊『マリンダイビング』の専属カメラマン。国内外の水中撮影に赴く傍ら、デジカメに関する記事も担当。水中機材の新製品情報に目がなく、新製品が発売されると自らロケに持参しては試写をしている。各地でフォトセミナーも開催。

東芝FlashAir™の使い方をチェック

実際にどんな風に使えるのか、ムービーで見てみよう。紹介動画は陸だが、4G通信網やWi-Fiアクセスポイントがない船上でも、FlashAir™自体に無線LAN機能があるのでデータ転送はOK。カメラをハウジングに入れたまま、友人と簡単にシェアできる。

iOS端末の場合

Android端末の場合

FlashAir™使いこなし術

①SSIDをわかりやすくするには

FlashAir™を複数枚使用するときや、他にも使っている人がいる場合は出荷時のSSIDそのままだと見わけがつきにくい。そこで、アプリから自分用にチェンジ! 例えば「flashair_MD01」など、自分のイニシャルや使用カメラ名などにSSIDを変えればわかりやすくなる。パスワードも、初期設定から変更を。

②転送の中断を防ぐには

第4世代のW-04は、EyeFi連動機能が付いている機種ならカメラのオートパワーオフを抑制できるようになった。同機能がない機種はカメラの電源が切れると転送が中断してしまうので、電源自動オフ機能をあらかじめ解除したり、スライドショーにして液晶が表示される状態にするなど、カメラごとの機能を利用してみよう。

③電池消費をカットするには

出荷時は、カメラの電源ONから5分間は自動で無線が起動する設定になっている。便利だが、撮影時など転送に使わない場合にも電波を発し電池を消費してしまう。電池を節約するには、この時間を短縮するか、自動起動モードをOFFにして「設定ソフトウェア(PC用)」から手動で切替えるようにしよう。

④画像転送とSNS投稿を同時にするには

スマホアプリから、「インターネット同時接続モード」をチョイス。滞在先ホテルのWi-FiやルーターなどのWi-Fi情報を入力しておけば、スマホとFlashAir™を接続した状態でインターネット接続できる。画像転送からSNS投稿などがスムース!

⑤もっと楽に転送するには

「アプリの設定」から、「自動更新」をONに。そうすれば、撮影された写真が自動更新! 再読み込みしなくても、アプリ上に表示されるようになる。

SSIDや無線の自動起動モードなど、自分用にアレンジすればさらに快適に使えるようになる

写真の転送が楽だから、ダイビングの合間にもSNSに楽々アップ♪

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2017年9月号

「マリンダイビング」2017年9月号

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

DIVING スタート&スキルアップ

DIVING スタート&スキルアップ