Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

  • ホーム
  • その他
  • モデル鈴菜さんが挑戦! ボート免許取得講習 密着レポート

モデル鈴菜さんが挑戦!
ボート免許取得講習 密着レポート

モデル鈴菜さんが挑戦! ボート免許取得講習 密着レポート

ダイバーなら海でお世話になる機会も多いボート。大海原を走り抜け、全身で海風を感じていると、「自分でも運転してみたい!」と思ったことはないだろうか。ボート免許は国家資格なので、ハードルが高いイメージだが、実は最短1日で取得できるうえにヤマハのボート免許教室の合格率はなんと97%! ダイバーでもある、モデルの鈴菜さんが実際に挑戦した現場に取材班は密着。その様子をレポートしよう。

※2018年7月現在の情報です。

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • おすすめダイビング旅行
  • スタッフ募集
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海のBooks&Goods
  • 水中写真の学校

ボート免許とは?

ひと口にボート免許といっても、ボートの大きさや操船場所、陸岸からの距離で4つに区分される(詳しくはこちら)。

自分のマリンライフに合わせて取得するボート免許を選ぼう。免許により、操縦できるボートが違うのだが、ボートによってもさまざまな楽しみ方ができる

免許 区分 航行区域
1級免許 プレジャーボートが操縦できる最上級免許。外洋も航行できる。 すべての水域
2級免許 水域は限定されるが、フィッシングやクルージングなど、海への入門免許としては最適 5海里(約9km)以内
湖川免許 約20.4馬力未満の船外機など、湖でバスフィッシングなどが楽しめる免許 湖・川および指定区域
特殊小型免許 水上オートバイ専用の免許 湖・川および陸岸より2海里(約3.7km)以内

実際にチャレンジしたのは……

モデル鈴菜さん

2代目なぎさイメージガール! 抜群のスタイルと美貌でウエットスーツをかっこよく着こなし、AOW(アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー)まで持っているというのだから感心! 眩しい笑顔で今回の取材現場も和ませてくれた。

取材班が密着! 
その様子をレポートしよう

今回鈴菜さんが挑戦したのは、特殊小型船舶免許。水上オートバイ専用の免許だ。ダイバーがよく乗るボートより水面が近くにあるため、より海と一体化した感じを味わえて気持ちがいい!

1日目 午前 学科講習

実際にボートで海に出る前に必要な知識をお勉強♪ 鈴菜さんはさすが現役大学生! 講義を受け慣れている雰囲気で、真剣な眼差しだった。海好きの取材班としても気になる内容の講義ばかりで、退屈することなく進んでいった。

小型船舶の取り扱い ~発航前船体の点検~

海に出る前に、ボート(ここではマリンジェット)の安全点検を行なう。初めてマリンジェットとご対面した鈴菜さんは「大きい! かっこいい!」と大興奮。点検箇所はいくつもあり、ちょっと戸惑っている様子の場面もあったが、質問しやすい雰囲気で、疑問はその場で解決できていた!

ロープワーク

ボートを桟橋に係留したりと、ボートに乗るときに欠かすことができないのがロープワーク。「この試験が一番不安かも……」と鈴菜さん。空き時間にもロープを結ぶことができる場所を見つけては、練習を繰り返すなど、真面目な一面を発見。試験当日もがんばって!

1日目 午後 海洋実習

いよいよお待ちかねの海洋実習。鈴菜さんの笑顔も一段と輝く! 本当に初めてなの⁉と目を疑うほど、華麗な操縦に、取材班もやってみたくてうずうず。海から戻ってきた鈴菜さんに話を聞いてみると、「8の字旋回で曲がるのがうまくできなかった(泣)」とのこと。様になっていてそんなふうには見えなかったけどな~!

2日目 国家試験

視力検査などの身体検査、1日目の講習内容からマークシート方式で出題される学科試験、ボートの取り扱い方法の確認や実際に操縦を行なう実技試験を受ける。鈴菜さんは1日目帰宅後に講習内容をしっかり復習したけれど、やっぱり不安と緊張でいっぱいだったそう。お疲れ様でした(^^)。

無事に“特殊小型船舶免許”取得!

「ヤマハのボート免許教室を受講したからできた! ボート免許を持っていると海遊びの幅が広がると思うので、ダイビングのほかにも挑戦したことがないマリンスポーツ取り組んでみたいみたい♪」と大喜び。

To be continued!
南の島でマリンジェットツーリングin石垣島」では、無事にボート免許を取得した鈴菜さんが、石垣島ダイビング旅行最終日に、マリンジェットで海を楽しむ様子を配信。要チェックだ!

ボート免許取得に挑戦する鈴菜さんの様子を動画でも紹介! 海を軽快に走る様子がかっこいい

オフショット!

本誌専属カメラマン・原田が密着取材の撮影を担当。これは必要カットをさまざまな角度から撮ってくれているシーン。モデルさんが日に焼けないようにも気を配っていてさすがカメラマン!と思った瞬間だった。

実際に取得したら、
どうやって楽しもう!

ボート免許を取得すると楽しみ方は何通りもある。自分好みの楽しみ方を見つけて、マリンライフをもっと充実させよう!

スノーケリング
ボートでツーリングしていて見つけた綺麗な海で、そのままスノーケリング! 自分だけのとっておきスポットを見つけよう。

フィッシング
魚が釣れるポイントまでボートで移動して、フィッシング! ボートも海も貸し切りで、思う存分に遊べる。

絶景ツーリング
最高の景色を広い海上から眺めるプライベートな時間。海好きな二人のデートプランにいかが?

生物と戯れる
ボートを追いかけてくるカモメと遊ぼう。青い空と海、心地よい風、それに生物まで……。大自然の中で癒されよう。

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2018年6月号

「マリンダイビング」2018年6月号

「マリンダイビング」2018年3月号

「マリンダイビング」2018年3月号

「マリンダイビング」2017年9月号

「マリンダイビング」2017年9月号

「マリンダイビング」2017年7月号

「マリンダイビング」2017年7月号

「マリンダイビング」2016年4月号

「マリンダイビング」2016年4月号

「マリンダイビング」2015年2月号

「マリンダイビング」2015年2月号