Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

パラオ-陸編-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パラオ-陸編-

パラオってどんなところ?

 日本の真南約3000㌔に位置するパラオ共和国。大小586もの島から成り、全部をあわせても屋久島と同じくらいの大きさしかないが、自然が豊富でダイバーはもちろん、観光客にも人気の世界自然遺産認定エリアだ。

 周囲は美しいリーフに囲まれており、サンゴが隆起してできたマッシュルームのような島「ロックアイランド」が特徴的。デルタ航空から成田―パラオの直行便を運航することで、たったの4時間で行けるように! アクセスの良さも人気の原因のひとつだ。

 パラオに入ってみて感動するのは、日本の海にはない、透明感、青さ、真っ白なビーチ!! そこにいるだけで、心が洗われるような、身も心も癒されるような、ビューティフルな大自然が目の前に広がっているのだ。

パラオってどんなところ?

アフターダイブも大満足!

 大自然に恵まれたパラオは、パラオにはダイビング以外のお楽しみもいっぱい!名物のロックアイランドはダイバーはダイビングの行き帰りに眺めることもできるが、オプショナルツアーに参加すれば、「ナチュラルアーチ」「クジラ島」といった不思議な形をしたロックアイランドを見学することもできるし、トロピカルな海でスノーケリングをすることもできる(オプショナルツアーでは3カ所ぐらい回ることが多い)。

 また、おなじみの泥パックが楽しめるミルキーウェイに行けるコースもあるし、パラオの大自然をたっぷり楽しむなら、カヤック付きのツアーでロックアイランドやマングローブ林を巡るコースもある。

 オプショナルツアーでは日本人や、日本語を話すガイドがパラオの島々のでき方、陸上や海の植物や動物、おもしろい生態系などを説明してくれるので、とても興味深い。

 ショッピングも、グアムやハワイのような高級ブランドを取り扱う免税店や巨大なショッピングセンターなどはないけれど、香水やサングラス、時計が買える免税店もあるし、日本にはない製品がズラリと並ぶスーパーマーケットはある。さらに素朴な味わいがたっぷりな商店もあるし、飲食店に至っては、日本人好みの料理を出す店ばかりなのだ。

ロックアイランド名物「ナチュラルアーチ」
ロックアイランド名物「ナチュラルアーチ」
水面に近く、島にも近づけるカヤックが大人気!
水面に近く、島にも近づけるカヤックが大人気!

世界でも非常に貴重なクラゲの湖

 パラオには世界的に非常に珍しい、クラゲが無数に集まる湖がある。その名も「ジェリーフィッシュレイク」。

 パラオ特有のロックアイランドに囲まれた"レイク(湖)"なのだが、水底のどこかで海とつながっている海水湖。過去にここが海水湖だったときに生息していた淡いピンク色のタコクラゲの末裔が、繁殖を繰り返し、島が隆起して閉ざされた湖になった後も残っているのだ。

 クラゲは光合成をしているらしく、湖の中でも陽の当たるエリアに集中しているので、スノーケリングで訪れるときはよほど曇ったり雨が降っていない限りは、比較的簡単にクラゲたちに会える。

 ここではダイビングは禁止、また非常に貴重なタコクラゲだけに、触ったり蹴ったりするのも禁止なので、環境に気を遣って出かけてみてはいかだろうか?

 ジェリーフィッシュレイクへはダイビングツアーの行き帰りに各ダイビングショップのオプショナルで行くか、現地旅行会社が主催するツアーに参加してアクセスすることができる。パーミットがあらかじめ必要なので、ご了承を!

世界でも非常に貴重なクラゲの湖

野生のワニに会える?!

 「ジャングルリバーボートクルーズ」では、マルキョクの首都観光付きで、パラオに生息する動植物の生態なども紹介してもらえてとってもおもしろい。極め つけはワニウオッチング!パラオの川周辺に生息する野生のイリエワニに会える可能性大なのだ。餌につられて川から跳び上がるワニにはビックリ!

ジャングルリバーボートクルーズ

日本では高級化粧品、泥パック!

 写真は海底に積もる真っ白な泥で遊ぶミルキーウェイで撮ったもの。美白効果や保湿効果があると女性に人気。そのほか、美しい砂州ロングビーチや、サーフィン、カヤックなどアクティビティはたくさん! ぜひ最終日などで楽しもう。

ミルキーウェイ

スパ&エステもイケてる!

 そんなパラオでぜひ最終日までに体験していただきたいのが、スパ&エステ。

 噂のミルキーウェイの保湿効果抜群の泥砂を成分にしたミルキーウェイパックやトリートメントで、ハンパない陽射しを浴びた体に潤いを与えるというのもいいし、パラオ風のスチームバス"ベビーテント"を味わってみてもいい。

 写真はパラオで最初にできたエステティックサロン《クール・エ・コール》。アラカベサン島の高台にある、一軒家風の店舗で、アロマの香り漂う店内がまた昼間のパラオとは隔絶された別世界。身も心もとろけそうになる。

 各スパともほかのエリアと違って、トリートメントのできるスタッフに限りがあるので、予約は早めに入れておくのがコツだ。

クール・エ・コール

パラオは食事もイケてる!

 海に囲まれたパラオでは新鮮な魚介類が一番の名物。 特に超ビッグなマングローブガニのおいしさは格別で、パラオに行ったらぜひ食べていただきたい超オススメ品。

 ほかにも獲れたての魚や貝など魚介類が豊富だし、ヤシガニも人気。変わったところではコウモリスープなどもある。

 また、日本の統治時代の名残もあり、日本食も人気で、日本人の料理人がおいしい和食を出してくれる店から「焼きうどん」のような不思議な和食を出す店までいろいろ。 中華、韓国、エスニック、インターナショナルと世界の料理も食べられるので、まったく飽きることがない。

 『パラオ楽園ガイド』ではそんなパラオのレストランやバー・カフェ・ファストフード店などをマップ付きで大公開! パラオに行くときにはぜひ持って行きたい!

海辺のオシャレなレストランでおいしい料理を!(写真は《ジャイブレストラン》)
海辺のオシャレなレストランでおいしい料理を!(写真は《ジャイブレストラン》)
マングローブガニのボイル。大きな爪に入っている身が特においしい!(写真は《カープ・レストラン》で撮影したもの)
マングローブガニのボイル。大きな爪に入っている身が特においしい!(写真は《カープ・レストラン》で撮影したもの)
パラオで獲れるマングローブガニやマングローブ貝など、新鮮な魚介類を採り入れた料理がうれしい(写真は《レストラン&バー エリライ》で撮影したもの)
パラオで獲れるマングローブガニやマングローブ貝など、新鮮な魚介類を採り入れた料理がうれしい(写真は《レストラン&バー エリライ》で撮影したもの)
パラオの魅力が詰まったガイドブックはコチラ!
アフターダイブも大満足!

ファミリーでもノンダイバーでも楽しめる!

 ダイバーの聖域ともいえるパラオだが、ノンダイバーでもお子さまでも楽しめるのも事実。

 パラオで一番人気のアクティビティ施設《ドルフィンズパシフィック》にはお子さま向けのメニューも豊富にあって、イルカとたっぷり遊べる(年齢制限があるメニューもありますのでご了承ください)。

 また、シーカヤックやスノーケリングもお子さまでも楽しめるのでオススメだ。

 小さなお子さまがいる場合は、ダイビングサービスに相談するとベビーシッターをお願いすることも可能。アクティビティの場合も同様なので、事前に相談する といい。日本のような有資格者は望めないが、面倒見のいいパラオ人やフィリピン人スタッフがしっかり面倒を見てくれると評判だ。

 また、ホテルにもお子さま向けの施設を整えているところがある。《パラオロイヤルリゾート》にはお子さま向けの水深が浅いプールやキッズルームがあるし、24時間無料ランドリーもあるので何かと便利。

 PPRでおなじみの《パラオパシフィックリゾート》も、ビーチやプールで小さなお子さまが遊べるし、敷地内にある池でお魚やカメを見たりして過ごすことも 可能。ベビーベッドも追加料金で手配が可能だし、事前に予約をしておけば外注ではあるがベビーシッターの手配もしておいてくれる。

ファミリーでもノンダイバーでも楽しめる!

パラオ知っ得ウソホント

深夜に出歩いちゃいけないってホント?

ホントです!
深夜2時(18歳未満は0時)~朝6時までは外出禁止令が制定されているので、この時間は外に出歩かないように。

海で遊ぶには入海料が必要だってホント?

ホントです!
州ごとにパーミットを買わなければならない。「ブルーコーナー」などの有名スポットがあるコロール州は10日 間有効で50㌦。「ジェリーフィッシュレイク」に行く場合はセット料金の100㌦。「タートルコーブ」から南のペリリュー州は14日間有効で25㌦。ス ノーケリングツアーなどオプショナルツアーでも同様です。

パラオ人はパラオ語しか話さないってホント?

ウソです!
パラオ人の間ではパラオ語のほか、英語、そして日本統治下時代に広まった日本語を使う人もいる。そしてこの日本語がそのままパラオ語になったものもある(例:ウドン、サシミ、ナッパ、オキャクサン、ベントーなど)。おもしろいので、ぜひ聞いてみよう!

パラオ人の移動手段は歩きしかないってホント?

ウソです!
遠くへ行きたい場合、タクシーか日本人用のシャトルバスを使うのが一般的。タクシーはメーターがないので、事 前交渉をしっかりと。コロール中心地内なら3㌦、はずれのほうまで行くなら5~7㌦が相場だ(夜間料金あり)。また、シャトルバスは一週間乗り放題で7 ㌦。午後4時以降に運転している。各ホテルやコロール市内のレストランなど多くの場所に停車するので便利だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍Book concerned

関連する雑誌・書籍

パラオ (Marine Diving plus)

パラオ (Marine Diving plus)

La SCUBA ラ・スクーバVol.3

La SCUBA ラ・スクーバVol.3

世界のダイビングBOOK

世界のダイビングBOOK

関連するMarineDiving

Marine Diving 2015年2月号

2015年2月号

Marine Diving 2015年1月号

2015年1月号

Marine Diving 2014年12月号

2014年12月号

Marine Diving 2014年10月号

2014年10月号

Marine Diving 2014年9月号

2014年9月号

Marine Diving 2014年7月号

2014年7月号

Marine Diving 2014年4月号

2014年4月号

Marine Diving 2014年2月号

2014年2月号

Marine Diving 2014年1月号

2014年1月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2018

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • おすすめダイビング旅行
  • スタッフ募集
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • 水中写真の学校

サイト内検索Search

リンクLinks

  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2019

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2018

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント