Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

  • ホーム
  • エリア情報
  • 最高の思い出を残したい!  宮古島フォトジェニック旅 Vol.1ウミガメと記念撮影♪

最高の思い出を残したい!
宮古島フォトジェニック旅
Vol.1ウミガメと記念撮影♪

最高の思い出を残したい!  宮古島フォトジェニック旅 Vol.1ウミガメと記念撮影♪

美しい白砂ビーチに色とりどりのサンゴ礁、神秘的な海中洞窟など、フォトジェニックなシーン満載の宮古島。そんな宮古島の海旅を楽しみながら、思い出をフォトジェニックに残せる《エコガイドカフェ》の最新アクティビティ事情を紹介! 第1回は子供や初心者にも楽しめるウミガメ・スノーケリング&スキンダイビングコースをピックアップ!
■写真・動画協力:エコガイドカフェ
■協力:沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

ウミガメとのランデブーショットは最高の思い出に!
子供から大人まで大人気!

ウミガメが生息する宮古島南岸の海は、秋冬でも暖かくて穏やか。しかも今回紹介するのは、浅瀬で海藻を食べているウミガメとのスノーケリングやスキンダイビングとなるのでキッズからシニアまで、三世代で安心して楽しむことができる。

ウミガメと泳いだり、ランデブーショットを撮る際に気を付けなければならないのは「ウミガメの生態を事前に良く理解している」こと。体験前のオリエンテーションでウミガメの事を学んでおき、スノーケリングやスキンダイビングの基本スキルを習得しておくのが理想的だ。そんな条件を満たしてくれて、ウミガメにも人にも優しく、宮古島でのフォトジェニックな海旅の思い出を残せるのが、今回紹介する《エコガイドカフェ》のウミガメコースなのだ。

独自サービスに定評アリ!《エコガイドカフェ》

創業以来30年間無事故という、安全や環境にもとことん配慮したサービスが人気の《エコガイドカフェ》。宮古島の美しいサンゴ礁を守るために20年近くも前からノーアンカーダイビングを始めたり、3万人以上のエコスノーケラー養成や遊泳中のノータッチマナー提唱など、環境負荷の軽減にも尽力。平成22年には環境省主催「エコツーリズム大賞」の特別賞を受賞している。
年齢や性別、国籍も関係なくユニバーサルに楽しめるように、プロスタッフ(エコガイド)たちがしっかりサポートしてくれる。年間千人以上参加する体験ダイビングでは、顔が濡れないフルフェイスマスクや上級者レベルの中性浮力が体験できるウイングマウントシステムなどをいち早く導入するなど、独自のサービスに定評があるベテラン老舗ショップだ。

エコガイドカフェ
〒906-0305 沖縄県宮古島市下地与那覇1139-4
TEL:0980-76-6660
MAIL:info@webman.jp

フリーダイバーのイケメンスタッフたちが優しくサポートしてくれる! Photo by Eco guide cafe

宮古島おすすめフォトジェニックアクティビティ①
「ウミガメ・フォトジェニック・スノーケリングツアー」

宮古島なら、ウミガメとこんなに間近で泳ぐことができる!
Movie by Eco guide cafe

こんな写真が欲しかった!
憧れのウミガメとのランデブーショットを撮ってもらおう!

ライフジャケットを装着し、海面からウミガメとの魅力的なランデブー体験を楽しむことができる、初心者はもちろん、子供やファミリーにもおすすめなのがこちらのスノーケリングコース。ウミガメの生態や環境にも配慮した自然な構図で、フリーダイバーのプロスタッフが水中からウミガメとの2ショットやファミリーショットを撮影してくれる。
ウミガメに寄り添うスノーケリングフォームや海底の砂を巻き上げないフィンワークなど、キレイに撮ってもらうだけでなく、環境にも優しいエコスノーケリングのスキルも身に着けることができる。写真映えするスタイリッシュなマスク等も用意されているこだわりぶりがスゴイ。
なんと、ウミガメの遭遇率はほぼ100%! もしウミガメに出会えなかったときは1,500円がキャッシュバックされるのも嬉しい。

憧れのウミガメとのツーショット♪
遭遇率は、なんとほぼ100%というから驚きだ。

子供から大人まで、家族みんなでウミガメとの出会いを楽しむことができ、思い出に残る写真もプレゼントしてくれる。

ウミガメ・フォトジェニック・スノーケリングツアー詳細

<ツアー行程>
オリエンテーション⇒スノーケリング教室⇒ウミガメスノーケリング(エコガイド)⇒フォトジェニック写真撮影(ウミガメ撮影) ⇒回復サンゴウォッチツアー⇒ジェニック写真の送信
<料金(1名)>
5,500円/2時間(経験者)
7,500円/2時間(教室付)
<料金に含まれるもの>
・コース代(器材、ガイド)
・フリードリンク(お茶)
・保険代
☆ウミガメに出会えなかった時には1,500円をキャッシュバック!

宮古島おすすめフォトジェニックアクティビティ②
「ウミガメ・フォトジェニック・スキンダイビングツアー」

スキンダイビングなら、海中でウミガメと一緒に泳ぐこともできる。自分がカメと一緒に泳いでいるところを撮影してもらった動画は一生の思い出になるはず! Movie by Eco guide cafe 

自分では撮れないウミガメとのランデブー写真や動画が嬉しい!

スノーケリングから更に一歩進んで、スキンダイビングで海中に潜り、誰もが憧れる「ウミガメと一緒に泳ぐ」ランデブー体験を楽しめるのがこちらのスキンダイビングコースだ。頭から水中に潜って行くジャックナイフや耳抜き、水中姿勢、フィンワークなど、フリーダイバースタッフが親切丁寧に指導してくれるので、より楽により長くウミガメと海中ランデブーするための基本スキルを身に付けることができる。
もちろん、ウミガメの生態にも配慮したシチュエーションでフォトジェニックな写真や動画をスタッフが撮影。スタイリッシュなシーンを撮ってもらうためのフォームやスキルも教えてもらえるので、仕上がりにはきっと満足がいくはず! スノーケリングでは味わえないお魚目線で海中世界を楽しめるスキンダイビングは、更に楽しみが広がるフリーダイビング習得への第一歩。回復サンゴの鑑賞体験もスキンダイビングならよりじっくりと楽しむことができるのでおすすめだ。

小学1年生のミオンちゃんのフォトジェニックショット! 子供でも練習することでスキンダイビングならではのウミガメを見守るような水中シーンにもチャレンジできる。

ウミガメと同じポーズで2ショット! 水中で自由に動き回るための基礎スキルも教えてもらえるから、カッコよくポーズを決めよう!

ウミガメ・フォトジェニック・スキンダイビングツアー詳細

<ツアー行程>
オリエンテーション⇒スキンダイビング教室⇒ウミガメスキンダイビング(エコガイド)⇒フォトジェニック写真撮影(ウミガメ撮影) ⇒回復サンゴウォッチツアー⇒ジェニック写真の送信
<料金(1名)>9,500円/2.0時間(教室付)
<料金に含まれるもの>
・コース代(器材、ガイド)
・フリードリンク(お茶)
・保険代
☆ウミガメに出会えなかった時には1,500円をキャッシュバック!

サンゴの生命力の強さを実感!
「回復サンゴウオッチング」も楽しめる

サンゴ白化からの回復の様子を目の前で観察。生命の神秘に感動!Movie by Eco guide cafe 

ぜひ親子で参加したい!
サンゴ白化からの回復プロセスを観察しよう!

上記のウミガメ両コースに含まれている「回復サンゴウオッチング」は、ニュースなどでも話題になっている「サンゴの白化現象」について実際のフィールドで観察し、知ることができる感動必至のプログラム。
昨夏の海水温上昇により白化してしまったサンゴが徐々に回復してきている、という宮古島の海だが、サンゴの生命力は私たちの想像をはるかに超えている。
サンゴの白化というと、ネガティブなイメージをお持ちの方も多いかもしれないが、成長白化や回復白化というポジティブで健全なプロセスの白化もあることをご存じだろうか?  実際に、長期間、海藻やカイメンが付着していたサンゴがそれらを押しのけて回復白化する現象が、宮古島の海では日常化しているとのこと。
「力強い回復サンゴを目の前で観察することで、白化に対するイメージもきっと一変するはずです。亜熱帯から熱帯の海へと環境適応するプロセスとして、白化を前向きに見据えることも大切なことです。」と言うのは、毎年、日本サンゴ礁学会にて口頭発表している《エコガイドカフェ》代表の猪澤也寸志さん。百聞は一見に如かず、自然の海でのサンゴ白化メカニズムを知る貴重な機会になるはず!

海藻に覆われた状態から回復するサンゴ

色合いが三層に分かれているが、下から海藻被覆、回復白化、健全な状態

独自サービスに定評アリ!《エコガイドカフェ》

創業以来30年間無事故という、安全や環境にもとことん配慮したサービスが人気の《エコガイドカフェ》。宮古島の美しいサンゴ礁を守るために20年近くも前からノーアンカーダイビングを始めたり、3万人以上のエコスノーケラー養成や遊泳中のノータッチマナー提唱など、環境負荷の軽減にも尽力。平成22年には環境省主催「エコツーリズム大賞」の特別賞を受賞している。
年齢や性別、国籍も関係なくユニバーサルに楽しめるように、プロスタッフ(エコガイド)たちがしっかりサポートしてくれる。年間千人以上参加する体験ダイビングでは、顔が濡れないフルフェイスマスクや上級者レベルの中性浮力が体験できるウイングマウントシステムなどをいち早く導入するなど、独自のサービスに定評があるベテラン老舗ショップだ。

エコガイドカフェ
〒906-0305 沖縄県宮古島市下地与那覇1139-4
TEL:0980-76-6660
MAIL:info@webman.jp

フリーダイバーのイケメンスタッフたちが優しくサポートしてくれる! Photo by Eco guide cafe

宮古島フォトジェニック旅をさらに充実させる、
《南西楽園ツーリスト》のお得なツアー

《エコガイドカフェ》の各種フォトジェニックコースを楽しむなら、同ショップと提携している《南西楽園ツーリスト》が用意するお得なツアーがおすすめ!
《シギラリゾート》や《ホテルブリーズベイマリーナ》など、宮古島を代表するリゾートを多数展開する南西楽園グループの旅行会社だから、豪華なプレミアムリゾートからリーズナブルなコンドミニアムまで、予算や求める条件にあったお得なツアーがきっと見つかるはず!

《南西楽園ツーリスト》おすすめリゾート

シギラベイサイドスイート アラマンダ
全室スイートのプレミアム・プライベートホテル
空と海を独り占めする広大な空間。青く澄んだ空の下には熱帯の花々が咲き誇り、色鮮やかな珊瑚礁の周りを熱帯魚が泳ぐ。透明な宮古ブルーを彩る色彩にあふれる贅沢な空間には、ゆったりと時が流れ、日常から解き放たれるさまざまな歓びに満ちている。
〒906-0202 沖縄県宮古島市上野新里926-25
TEL:0980-74-7100/FAX:0980-74-7102

ホテルブリーズベイマリーナ
海辺に佇むカジュアルリゾートホテル
家族旅行をはじめ、気軽なひとり旅や女子旅など様々なリゾートスタイルを楽しめる。
〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国784-1
TEL:0980-76-3000/FAX:0980-76-3458

インギャーコーラルヴィレッジ
2017年7月21日開業
客室はロフト・ジェットバス・洗濯機つき、食事は夕食・朝食に加え軽食まで付いている。
海浜公園・インギャーマリンガーデンの横にオープン。
〒906-0107 沖縄県宮古島市城辺友利542
TEL:0980-77-8200

ホテルシーブリーズカジュアル
2017年11月20日開業
ふたり旅を、もっとカジュアルに気軽に滞在できる「シギラリゾート」の新しいホテル。
〒906-0000 沖縄県宮古島市上野宮国974-3

※各リゾート共通:チェックイン14:00/チェックアウト11:00

■協力:沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

2016年11月号

2016年11月号

沖縄ダイビングガイド2016

沖縄ダイビングガイド2016