Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

潜って遊ぶ 私のとっておきグアム

潜って遊ぶ私のとっておきグアム

グアムの海で潜って遊ぼう!ということで、今回やってきたのは海好きガールの寿るいちゃん。日本からわずか3時間半でアクセスできる、もっとも身近な南国グアムは、ダイビングスポットのバリエーションが豊富で、多くのダイバーを魅了し続けている。
ここでは、ダイビングを楽しむ一日をシュミレーションしちゃいます!

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

エリア
information

グアムってどんなところ?

日本から南東へ約2500kmの太平洋に位置する常夏の島、グアム。海洋性亜熱帯気候で、年間の平均気温が約26℃と、一年を通して暖かく過ごしやすい場所だ。グアムはダイナミックな自然と、にぎやかな街並みが共存する世界有数のリゾートアイランドで、観光客や家族連れにも人気のエリアだ。

日本からのアクセス

日本から、直行便を使って3時間30分ほどで到着できるアクセスの良さがうれしいグアム。
定期直行便が新千歳、仙台、成田、セントレア、関空、福岡の計6空港から飛んでおり、経由便を含めるといずれの都市からも毎日運航という便利さ。例えば、午前中の便で成田を出発すれば、午後2~3時にはグアムに到着。
夕方以降は、ショッピングやレストランに出かけたりと、初日から遊ぶことができる。成田夜発の現地深夜着の便なら、仕事帰りでもフライトに間に合う。さらには、時差はわずか1時間なので時差ぼけなど体への負担も少ないのがうれしい。

潜って遊ぶダイバーの1日♪

※ここで紹介するタイムスケジュールは《アクアアカデミー》を利用した場合の一例です

7:30 ホテルのロビーに集合

ファンダイビングの場合、午前中の2本がスタンダード。スポットによって変わることもあるが、ホテルにお迎えが来てくれるのは7:30~8:00頃となる。すぐにウエットスーツを着られるように、ラッシュガードの中に水着を着用しておくと◎。

8:00 港に到着! いざ乗船~♪

多くのお店はアプラ湾にボートを係留していて、この時間帯になると港にはたくさんのダイバーが集まって来る。その日の混雑状況によっても変わってくるが、いくつかのショップと乗合ボートが一般的。貴重品や濡れたら困るものなどは、乗船前にウオータープルーフバッグに入れておくと安心!

8:30 スポットに着いたらブリーフィング

ダイビングスポットまではアプラ湾内だと5~10分ほど。「ブルーホール」など外海のスポットでも20~30分ほどととっても近い! スポットに到着したら、ブリーフィング。今回お世話になった《アクアアカデミー》の岡宏之さんは、沈船スポットに詳しく、歴史的な背景から水中での見どころなどを丁寧に教えてくれる。

8:45 セッティング&エントリー

ブリーフィングを終えたら、器材をセッティングして、いよいよエントリー! セッティングが正しくできているかなど、バディ同士の最終チェックも忘れずに。エントリーの仕方はボートの種類によるが、ヘリが高い、もしくは後ろにプラットホームのあるクルーザータイプはジャイアントストライドエントリー。ヘリが低い小型船の場合はシッティングバックロールエントリーとなる。

9:00~12:00 海の楽園で2ダイブ!

1ダイブを終えたら、スポット移動を兼ねた水面休憩をしながら2ダイブ目へ。安全のため、1本目を深いスポット、2本目を浅いスポットにすることが多い。2ダイブではもの足りない! まだまだ潜りたい!という人はオプションで午後のビーチダイブを付けることができる。その場合は、昼食を挟み、終了するのは17時頃。

12:30 ショップへ戻ってログ付け

ダイビングを終えてショップに戻ってきたら、着替えてログづけタイム。カメラを持っている人は、撮影した生物の名前などを教えてもらおう。ミクロネシアの固有種など、ここでしか見られない生物などもいるので、あわせて聞いてみよう!

14:00 ホテルに戻ってのんびり

2ダイブの場合、ホテルに戻って来られるのは午後2時前後。まだまだ時間はたっぷり! 部屋に戻ってシャワーを浴びたら、一休みをして遊びに出かけよう♪ 

15:00 ショッピングへ繰り出そう♪

タモンの中心地は、お店が集中しているので、歩き回ると楽しい♪ ハガニアなど少し離れたところへのお出かけには、赤いシャトルバスでの移動がおすすめ。まだまだ海で遊び足りないという人には、タモンビーチや、グアム島北部のココパームガーデンビーチなど、気軽に行けるビーチも豊富。時間が許すかぎり、遊びまくろう!

グアムで潜りたいおすすめダイビングスポット

●ピティボムホール
名前のとおり、爆弾が落ちてできた穴のようなすり鉢状の砂地になっていて、最大水深は11mとビギナーにも潜りやすいスポット。海中展望塔があり、水中で観光客から見られるという面白い体験もできる。

●ブルーホール
グアムの代表的なスポット「ブルーホール」。棚の上にぽっかりと開いた穴は、世界でも珍しいハート形。上から射し込む光が幻想的で美しい。大物の通り道にもなっていて、過去にはマンタやニタリも出たとか!

●ウエスタンショールズ
アプラ湾内にあるグアム最大級のサンゴ礁スポット「ウエスタンショールズ」。スズメダイやチョウチョウウオなどの群れが南国気分を盛り上げてくれる。水深も比較的浅く、明るくキラキラとした海が楽しめる。

●ギャブギャブⅡ
観光潜水艦アトランティス号の通り道で、潜水艦とのツーショットを撮影できる珍しいスポット。ツバメウオの群れや、エレファントイヤーという大きなソフトコーラルなど生物の見どころもたくさん!

グアムの海底に眠る貴重なレックスポット

●SMSコーモランⅡ
全長100m、幅14mの「SMSコーモランⅡ」。この船は第一次世界大戦時にアプラ湾に沈んでから、2017年4月で100周年を迎えた。もともとはロシアの客船や貨物船として活躍していたが、第一次世界大戦でドイツに捕らえられてこの名前に。日本戦艦に追われてグアムにやってきたのだが、当時のグアム知事に上陸を拒否され、船員たちは2年の月日をこの船上で過ごしたという。第一次世界大戦が始まると、ドイツとアメリカは対立。船の引き渡しを求められたが、捕虜になる代わりに要求を拒否、船長が船を沈めてしまったという。平均水深30mとやや深いが、エンジンルームなどアクセスしやすい場所もある。

●東海丸
「東海丸」は第二次世界大戦の終盤、1943年に潜水艦の魚雷を受けて沈んだのだそう。全長150m、幅20mの運搬船で、水深15~35mのところに沈んでいる。船内は当時の様子が色濃く残り、船橋や船窓、今もなお原型をとどめるロープの束など見どころ満載。船内に入ると、そのまま時間が止まってしまっているかのような錯覚に陥る。目に入る景色すべてが興味深く、1ダイブではとても見きれないほど!

小さなタイルが見られるところは水まわりとして使われていた証。調理場やトイレ、お風呂など当時使われていた部屋も多く残されている


Vol.10 early summer 5月30日発売!

海が大好きな女性に贈る、ライフスタイルマガジン『La SCUBA』Vol.10 early Ssummerが5月30日に発売! 
潜って遊ぶ最新グアム大特集! 沈船、トロピカルな魚たち、ハート形のホールなど、グアムならでは体験ができるダイビングの魅力を紹介。そのほか、リゾートでの滞在や、ショッピング&グルメ情報など、最新情報盛りだくさん。
そのほか、最新日焼け止め事情、人気インスタグラマー絶賛の防水ウエアラブルカメラなど、役立つ情報満載。めざせ、ドラマチックサマー!

La SCUBA Vol.10 early summerはコチラ!

おすすめリゾート
information

Outrigger Guam Beach Resort
アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート

●グアムNo.1、ベストロケーションの贅沢リゾート
グアムでの滞在をより華やかに彩ってくれるのが、ビーチフロントに位置する《アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート》。ショッピングモール《ザ・プラザ》にも直結していて、海もショッピングも楽しみたい!という女子にはぴったりのロケーション。

●ナヴァサナ・スパで癒しのひとときを
リゾート内に併設するスパで癒しのひとときを。今回、るいちゃんが施術を受けたのは、2016年8月にオープンしたばかりの《ナヴァサナ・スパ》。清潔感溢れる施術ルームで受ける極上のマッサージは、日頃のストレスも一気に吹き飛ぶ心地よさ。自分へのごほうびにぜひ立ち寄ってみて。

●評判のレストラン《パーム・カフェ》へ
良いロケーションだからこそ、こだわりたいのは食事。ローカル料理からインターナショナル料理まで幅広く楽しめる《パーム・カフェ》は、グアムで最も種類が豊富と評判のレストラン。朝食、ランチ、ディナーなどによっても楽しめる料理が異なるので、時間帯を変えて訪れてみるのもよし♪ 


Vol.10 early summer 5月30日発売!

海が大好きな女性に贈る、ライフスタイルマガジン『La SCUBA』Vol.10 early Ssummerが5月30日に発売! 
潜って遊ぶ最新グアム大特集! 沈船、トロピカルな魚たち、ハート形のホールなど、グアムならでは体験ができるダイビングの魅力を紹介。そのほか、リゾートでの滞在や、ショッピング&グルメ情報など、最新情報盛りだくさん。
そのほか、最新日焼け止め事情、人気インスタグラマー絶賛の防水ウエアラブルカメラなど、役立つ情報満載。めざせ、ドラマチックサマー!

La SCUBA Vol.10 early summerはコチラ!

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

LaSCUBA Vol.10

La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

「マリンダイビング」2017年4月号

「マリンダイビング」2017年4月号

「マリンダイビング」2016年4月号

「マリンダイビング」2016年4月号

LaSCUBA Vol.7

La SCUBA ラ・スクーバ Vol.7

「マリンダイビング」2015年12月号

「マリンダイビング」2015年12月号

「マリンダイビング」2014年10月号

「マリンダイビング」2014年10月号

「マリンダイビング」2012年11月号

「マリンダイビング」2012年11月号