Marine Diving

ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

ダイビングを始める、
楽しむための情報サイト

#もっと潜ろうGUAM

#もっと潜ろうGUAM

日本から約3時間半でアクセスでき、もっとも身近な南国のひとつでもあるグアム。ダイビングでは、きれいなサンゴ礁が広がる海や地形スポット、レックスポットなどバリエーションも豊かだ。ビギナーからベテランまで気軽に楽しめる海に加え、ホテルライフ、グルメ、ショッピングとアフターも大充実!

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

エリアについて

グアムってどんなところ?

日本から南東へ約2500kmの太平洋に位置する常夏の島、グアム。海洋性亜熱帯気候で、年間の平均気温が約26℃と、一年を通して暖かく過ごしやすい場所だ。グアムはダイナミックな自然と、にぎやかな街並みが共存する世界有数のリゾートアイランドで、観光客や家族連れにも人気のエリアだ。

リゾートが立ち並ぶ「タモンビーチ」。大型ショッピングモールや、レストランなども多く、アフターダイブにはぴったりのエリア

どうやって行くの?

日本から、直行便で約3時間30分ほどで到着できるアクセスの良さがうれしいグアム。定期直行便が新千歳、仙台、成田、セントレア、関空、福岡の計6空港から飛んでおり、経由便を含めるといずれの都市からも毎日運航という便利さ。例えば、午前中の便で成田を出発すれば、午後2~3時にはグアムに到着。夕方以降は、ショッピングやレストランに出かけたりと、初日から遊ぶことができる。成田夜発の現地深夜着の便なら、仕事帰りでもフライトに間に合う。さらには、時差はわずか1時間なので時差ぼけなど体への負担も少ないのがうれしい。

グアムを代表するダイビングスポット「ブルーホール」や「ウエスタンショールズ」、「東海丸&SMSコーモランⅡ」はアプラ湾周辺に位置する

グアムのTRAVEL INFORMATION

●国名
アメリカ合衆国準州グアム
●ビザ
日本国籍で観光目的の45日以内の滞在の場合は不要。ESTAも不要だが、ある場合は入国時にESTA専用レーンを利用することが可能
●パスポート残存期間
帰国時まで有効であればOKだが、入国時に45日以上残っていることが望ましい
●時差
日本より1時間進んでいる
●言葉
英語、チャモロ語
●電圧とコンセント
120V/60Hz。プラグは日本と同じA型。日本の電化製品も短時間なら使用可能だが、ドライヤーなどはホテルの備品を使ったほうが安心
●通貨
USドル
●両替
現地の銀行や両替所で日本円から両替可。ただし、換算率は日本の銀行のほうがいいので出発前に換えておこう
●チップ
習慣あり。レストランやタクシーでは料金の10~15%が目安
●飲料水
石灰質が多く含まれているので、ミネラルウオーターが安心


Vol.10 Early Summer 5月30日発売!

海が大好きな女性に贈る、ライフスタイルマガジン『La SCUBA』Vol.10 Early Summer が5月30日に発売!
潜って遊ぶ最新グアム大特集! 沈船、トロピカルな魚たち、ハート形のホールなど、グアムならでは体験ができるダイビングの魅力を紹介。そのほか、リゾートでの滞在や、ショッピング&グルメ情報など、最新情報盛りだくさん。
そのほか、最新日焼け止め事情、人気インスタグラマー絶賛の防水ウエアラブルカメラなど、役立つ情報満載。めざせ、ドラマチックサマー!

La SCUBA Vol.10 Early Summerはコチラ!

ダイビングの魅力

オールシーズン温かい!

平均水温が26~30℃と、年間を通して温かいグアムの海。3月以降なら、3mmフルスーツでOK!
ただし、ボートでの移動中などは風を受けて肌寒く感じることもあるので、長袖のパーカーなど一枚羽織れるものがあると◎。

透明度バツグン!

透明度も年間を通してGOOD! 特にグアムを代表する「ブルーホール」や「クレバス」のような外洋スポットなら、30mオーバーも当たり前。初心者でもストレスが少なく潜ることができる。ただし、沈船スポットがあるアプラ湾内は透明度がやや落ちることも。

グアムならではの体験が楽しめる

2つの沈船に同時に触れられるダイビングスポット「東海丸&SMSコーモランⅡ」のように、グアムには当時の様子が色濃く残るレックスポットが豊富。歴史的背景を知ると、また違った見方で水中を楽しむことができる。また、観光用潜水艦ウオッチングができるスポット「ギャブギャブⅡ」など、ほかのエリアではなかなかできない体験も。ダイビングスポットについては、下記で詳しく紹介!

レックスポットには、安全のために経験を積んだガイドと一緒に潜ろう

ダイビングスタイルは?

グアムにはボートスポット、ビーチスポットの両方のダイビングスポットがあるが、主流はボートダイブ。基本的には、午前中に2ダイブを終え、12時過ぎにはショップへ戻って来られる。まだまだ潜り足りない!という人には、オプションで午後からビーチダイビングもOK! ダイビングスポットまでの移動時間は、湾内なら10分、外洋だと30分ほど。

ゲスト数などの混雑状況にもよるが、いくつかのショップと乗合ボートでスポットへ向かうのが一般的

おすすめダイビングスポット

●東海丸&SMSコーモランⅡ
アプラ湾内の水深14mから35mぐらいにかけて斜めに沈んでいる「東海丸」(全長150m、幅20m)。船橋や船窓、今もなお原型をとどめるロープの束など見どころ満載で、船内に入ると、そのまま時間が止まってしまっているかのような錯覚に陥る。
さらに、注目したいのが1917年に沈み、没後100周年を迎える「SMSコーモランⅡ」(全長 100m、幅14m)。もともとはロシアの客船や貨物船として活躍していた船で、その後ドイツの船となり、第一次世界大戦時の日本戦艦に追われてグアムにやってきた。しかし、当時のグアム知事に上陸を拒否され、船員たちは2年の月日をこの船上で過ごしたという。第一次世界大戦が始まると、ドイツとアメリカは対立。船の引き渡しを求められたが、捕虜になる代わりに要求を拒否、船長が船を沈めてしまったという。現在、「SMSコーモランⅡ」は、グアムとアメリカ政府認定の指定歴史登録財となっている。

詳しくはMD④グアム特集へ

●ブルーホール
グアムを代表するハート形のホール。水深約18mの穴から射し込む光がキラキラと幻想的な世界観を演出する。ホールを進むと横穴があり外に出られるが、水深30m以上なのでアドバンス以上限定

●ウエスタンショールズ
ビギナーでも安心の魚とサンゴの楽園。エダサンゴやテーブルサンゴの群生が広がり、チョウチョウウオやデバスズメなどの魚たちが周辺を彩る。そのほか、ウミガメなどの人気生物にも会うことができる

●ギャブギャブⅡ
観光潜水艦アトランティス号の通り道になっていて、潜水艦とのツーショットが撮れる珍しいスポット。ダイバーだけが体験できる潜水艦ウオッチングを楽しんでみては? 魚の種類、数が多く、かなり近づけるのも魅力。

●ガンビーチ
外海に面して透明度抜群の人気ビーチスポット。エントリー後、真っ白な砂地を進んでいくと、沖合にサンゴの群生が広がる。流れはほとんどなく、水深も浅いので、ビギナーダイバーにもおすすめ

●クレバス
「ブルーホール」の隣にあり、そそり立つ峡谷(クレバス)は絶景。特に大きく切れ込んだドロップオフがダイナミックで、地形派ダイバーにも人気。ウミガメやバラクーダなどの大物生物との遭遇率が高い。


Vol.10 Early Summer 5月30日発売!

海が大好きな女性に贈る、ライフスタイルマガジン『La SCUBA』Vol.10 Early Summer が5月30日に発売!
潜って遊ぶ最新グアム大特集! 沈船、トロピカルな魚たち、ハート形のホールなど、グアムならでは体験ができるダイビングの魅力を紹介。そのほか、リゾートでの滞在や、ショッピング&グルメ情報など、最新情報盛りだくさん。
そのほか、最新日焼け止め事情、人気インスタグラマー絶賛の防水ウエアラブルカメラなど、役立つ情報満載。めざせ、ドラマチックサマー!

La SCUBA Vol.10 Early Summerはコチラ!

トップページへ戻る

関連書籍Book concerned

「マリンダイビング」2017年4月号

「マリンダイビング」2017年4月号

「マリンダイビング」2016年4月号

「マリンダイビング」2016年4月号

「マリンダイビング」2015年12月号

「マリンダイビング」2015年12月号

「マリンダイビング」2014年4月号

「マリンダイビング」2014年4月号

「マリンダイビング」2012年11月号

「マリンダイビング」2012年11月号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • ダイビングなら H.I.S.
  • AQROS
  • スタッフ募集
  • おすすめダイビング旅行
  • 1,000円クーポン掲載中!!
  • プロが教える水中写真セミナー

サイト内検索Search

リンクLinks

  • パラオ・パプアニューギニア ダイビングツアー
  • マリンダイビング公式ウェブショップ
  • マリンダイビングクラブ
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングフェア2018
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2018
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.10

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント